CyberBuzz採用情報

2019年度
新卒採用

サービスづくりの面白さは、リリースしたタイミングよりも、事業が急成長したときだと思います。

メディア

TSUJI TAKAAKI

辻 孝明

執行役員

2009年中途入社

2005年04月、楽天株式会社に新卒として入社。
2009年01月、株式会社サイバー・バズにメディア職として入社。
2013年08月、マネージャーに昇格し、自社メディア事業の拡大に従事。
2015年10月、全社総会で社長賞を受賞し、局長に昇格。
2017年04月より執行役員に就任し、新規事業管轄の責任者として事業立ち上げを行っている。

今のお仕事内容を教えてください。

事業開発室の室長として企業のSNS公式アカウント運用事業の立ち上げ責任者を担っています。公式アカウントをもってプロモーションしないと…と思ってはいる企業は多いものの自社で運用部隊を持っている企業は稀です。そんな企業の公式アカウントを専門知識のある当社で運用サポートを行っています。クライアントとしては金融、コスメ、食品、旅行などがメインで、投稿する素材づくりから実際の投稿だけでなく、効果測定まですべてを行っています。事業としてはまだ立ち上げの時期なので、わたしは事業責任者としてサービスの方向性や、競合との差別化、営業活動、運用、採用等、すべてに携わっています。

お仕事のやりがいを教えてください。

やりがいは、会社の収益の軸となる新しい事業を創っていること。サービスづくりの面白さは、世の中に出したたタイミングよりも、サービスが急成長したときだと思います。立ち上げ時期はすべて事業責任者が担わなければならないので、泥臭いことにも地道に取り組んでいく力って大事だと思います。泥臭いことをできない人には向いてないかも…と思うくらいです。ただ、サービスはどこかで急成長しないといけません。地道にやりながらも必ずどこかでヒットさせる。時代やタイミングでその事業がヒットする瞬間が必ずくる。それを信じて、そのタイミングまで地道に頑張っていけるかが大事です。地道に地道に頑張って、ヒットした瞬間、事業責任者としてやりがいを感じるのだとわたしは思います。

辻さんはどんな学生でしたか?

大学に通いながら、飲食店のバイト、工場でパソコンをつくったり、選挙の世論調査、開票サポート、大学受験の試験官などいろいろな経験をしていました。また、大学三年生の夏休みに「何かを経験したい」と思い、とある地方銀行とJR東日本のインターンの参加。当時はインターンが主流ではなかったので、周りからは珍しがられましたね。就職活動の際に大切にしていた軸は「成長できる環境があるか」ということです。成長できる環境=サイクルが早い。インターネット業界を目指したのもそれが理由です。

辻さんが掴みとりたい未来を教えてください。

『サイバー・バズを地元の人たちもが知っている会社にする」
わたしは中途入社なのですが、一社目は楽天でした。当時は、まだまだネットで買い物するなんて不安といったような世論があった頃だったので楽天から内定をもらったとき、企業名を親や地元の友達に言ってもほぼ誰も知らなかった。しかし、そのあとプロ野球に参入していったりテレビに取り上げられたりしたことで、徐々に知名度は上がっていきました。何やってるのかはわからないけど、その企業知ってる!みたいな感じです。親だけでなく、だんだんとおじいちゃんとかも知る企業になっていったんです。そして、みんなが仕事内容に興味を示してくれるようになりました。この経験は衝撃的でしたね。経験を通じて、今はサイバー・バズを、親や地元の人たちが知っている会社にしたいと思っています。会社名でもサービスきっかけでもいい。そのために、まずはSNSのアカウント運用だったら、バズに任せた方がいいよね!と言われる事業をつくりたいと思っています。