CyberBuzz採用情報

今のチームは、いい表現を使うと個性豊かなチーム。表現悪く言うとみんなバラバラ!!ですね...(笑)。

営業職

YUKA MIYAMOTO

宮本 悠加

局長

2011年中途入社

2008年4月出版会社に入社し、新規事業の立ち上げに営業として携わる。
2011年10月より、株式会社サイバー・バズに、中途営業職として入社。
コスメ系のクライアントを中心にプロモーションに携わり、大きな成果をあげる。
2014年1月営業本部マネージャー、2015年4月営業本部局長と昇進。
局全体の数字の最大化とマネージャー層の育成に携わる。

宮本さんのグループはチーム力がとても高いと思うのですが、チームマネジメントをする上で大切にしていることを教えてください。また今のチームはどんなチームですか。

今のチームは、いい表現を使うと個性豊かなチーム。表現悪く言うとみんなバラバラ!!ですね...(笑)。

営業職である以上、毎月の目標達成という部分にはすごくこだわっています。
ただそんな中でも私が大切にしているのは、ただ単純に目標を達成する事にこだわるのではなく、達成する目的をそれぞれのメンバーに合わせるという事です。

毎月毎月、数字目標が課せられる中で、「達成しろ!達成しろ!」って上司から言われても辛いですもんね...私も経験があるのでわかります(笑)。

人生において目指すべきものは人それぞれで、ありたい姿も人それぞれだと思います。私個人の意見としてはそれでいいと思っています。人によって仕事に対するモチベーションも違うし、やりがいも違う。それぞれに合わせて、どうすれば楽しく仕事に取り組めるかを一緒に探していく日々に楽しさや喜びを感じています。

そんな中で、その人に合った毎月の目標を達成する意味を各メンバーと一緒に考えて毎日を楽しく仕事ができるようにといつも考えるようにしています。

これまで営業局でプレイヤー、マネージャーと活躍されてきましたが、これから局長として営業局をどういう組織にしていきたいですか。

月並みですが...(笑)。お客様からの「ありがとう」でいっぱいの営業組織にしていきたいと思っています。

営業をしていると日々の業務に追われて、ついつい数字数字ってなってしまう場面も多くあるかなと思います。でも、やっぱりどんな時もお客様からの「ありがとう」をどれだけもらえるかが営業をやっている上で一番大切で、一番楽しい部分なんじゃないかなと思います。
「ありがとう」の言葉がお客様からの信頼に値し、「ありがとう」の数が毎月の数字に反映されるものだと思っています。

また、営業局にもどんどん人が増えてきていますが、常に前向きで何かに向かって走っている人と組織をつくっていきたいですね。
目標がある人とか、何かを目指している人ってキラキラしていて素敵だなって思います。そういう人って絶対にプラスのパワーを持っているから、傍にいるだけでパワースポット(笑)!

年齢や経験の量は関係なく、そんな人と一緒にサイバー・バズという会社を大きくしていきたいなって思います。

ずっと営業畑の宮本さんですが、仕事をする上で日々気をつけていることはありますか。

身体は資本なので、常にベストのコンディションでいるようにしています。
その日1日のテンションにも繋がるので自分の健康マネジメントには特に気をつけています。

体調管理はもちろんですが、女性なのでお肌の調子も大事ですよね(笑)。
あとは自分が最高のパフォーマンスが出せるように周りの環境を整えることにも意識をしていて、どうすれば心身共にベストなコンディションでいられるかを常に考えるようにしています。

私自身がベストな毎日を過ごす事で、周りの人にも有り余ったエネルギーを与えることができると思っています。