CyberBuzz採用情報

社長になるのは小さい頃からの夢でした。

営業職

YUKA MIYAMOTO

宮本 悠加

株式会社glamfirst 代表取締役

2011年中途入社

2008年4月出版会社に入社し、新規事業の立ち上げに営業として携わる。
2011年10月より、株式会社サイバー・バズに、中途営業職として入社。
コスメ系のクライアントを中心にプロモーションに携わり、大きな成果をあげる。
2014年1月営業本部マネージャー、2015年4月営業本部局長と昇進。
2016年11月には、Instagramに特化した専門子会社「株式会社glamfirst」を設立し、代表取締役に就任。

株式会社glamfirst立ち上げの経緯について教えてください。

一年くらい前から、女性のマーケットに特化した会社を作りたいとサイバー・バズ代表の高村に相談してきました。
会社のフェーズもありますし、私自身経営についてまだまだだったという事もありなかなかYESがもらえなかったのですが、ダメ元でとにかく何度も言い続けました。その結果タイミングが合い、子会社を設立させてもらえることになりました。
拡大している市場、そして女性に特化できるサービスという観点からインスタグラム関連の会社を立ち上げています。
私自身、社長になるのは小さい頃からの夢でした。自分の父親が経営者だったのと、男性と平等に戦いたいなって思っていたのが当時の理由です。社会的に性別のボーダーラインはなくなってきているけれど、『女性だから』というワードはまだまだ世の中に飛び交っています。様々なライフイベントがある中でも女性がもっと輝きながら活躍していける、そんな働き方、生き方がしたいなと思っていました。熱意を持って言い続ければ夢は叶うっていうのを実感させてもらったので、サイバー・バズは本当にチャンスを与えてくれる会社なんだと思いました。

お二人からみたサイバー・バズの特徴を教えてください。

結果を出した分だけ、きちんと評価をしてもらえる会社です。
大企業だと上層幹部が詰まっているという理由で、若手社員が登用されないこともあると思います。例えば30歳でも平社員は普通にいますよね。私も前職にいたままだと、まだ平社員だったのではないかと思います(笑)でも、そんな私がサイバー・バズでなら社長になれた。
若くても、役職と責任が持てることは大きなメリットですね。女性でも若手でも誰でも活躍できるチャンスがある会社だと思います。
また、元気でアクティブな女性が多いのも特徴かなと。
社員のSNSアカウントを見ていると、圧倒的にプライベートが充実しているように思えます。それか充実しているかのように、自分ブランディングができているのか。どちらにしても、自分の魅力を理解してそれを表現することが上手な女性が多いですね。それが素敵だと思います。どんなに忙しく働いていても、ズタボロになっている社員は見たことないですね。すっぴんで来る社員もいない。それって結構すごいことだと思います。正直仕事は大変です。でも、仕事を楽しんでいる社員が多いと思います。仕事が充実してるからこそプライベートも充実しているんじゃないかな。

ずっと営業畑の宮本さんですが、仕事をする上で日々気をつけていることはありますか。

現在立ち上げ中の会社『glamfirst』は、インスタグラム業界で1番になる、という意味とInstagramの『gram』を『glam』に変えて、『魅力』という意味を持たせています。商品の魅力を一番に伝える会社。
女性って、ほんの些細な出会いですごくハッピーになったりしますよね。モノでもヒトでもコトバでも。グラムファーストでは、そんな“出会い”を増やしていきたい。お客様の商品と女性のハッピーのかけ橋のような存在になりたいと思っています。