CyberBuzz採用情報

堅実に一歩一歩進むよりも、守りに入ることなく、スピード感をもって「一歩十歩」でチャレンジしていきたい。

営業職

YUTA MIKI

三木 佑太

執行役員

2010年新卒入社

2010年4月より、株式会社サイバー・バズにて、営業職に従事。
2014年営業本部局長に就任、現在は執行役員として営業本部1局を管轄する。
サイバー・バズで 受注した案件のプランニングの約8割以上を手がけている。
LINEやAntennaとの 定期的な合同セミナーや総合広告代理店と共同で大型案件にも携わる。
共著「クチコミデザイン」を2014年に出版。
Web PR・ソーシャルメディア領域でのコミュニケーションプランの提案や
チームメンバーが担当するお客様へのフォロー、よりよい組織づくりを行っている。

仕事をする上で意識していることや拘っていることについて教えてください。

「やったことないこと」、「わからないこと」に挑戦をすることです。誰もができる仕事や、提案ではなく、自分にしかできないものに挑戦することは常に意識しています。

Web業界の流れはとても速くめまぐるしいですが、その反面常に新しいことに出会える環境があるので、その中で自分にしかできないものを創ることは常にこだわっています。提案やアポ、社内MTGなどでも、ちょっとした驚きや発見を相手に常に与えることができるように、普段からの情報収集や、発信を積極的におこなっています。

また、自分にしかできないことを一般化し、組織のメンバーに伝えていくことも最近意識高く取り組んでいます。

「クチコミデザイン」を出版したりとプランニングを得意とされていますが、企画提案・プランニングの面白さ(醍醐味)について教えてください。

一言とでいうと、プランニングには正解がないところだと思います。どれだけやりきっても、実際に企画が実施されるまで結果はわからないので、その間のドキドキ、ワクワク感に醍醐味を感じます。

プランニングにおいて、同じ提案になることは基本的にはなく、自分が考え抜いた物語が世の中に出て、クライアントの成功につながることは中々味わえないことだと思うので、もっともっと追究していきたいと思っています。

今後チャレンジしてみたいことがあれば教えてください。

世の中の当たり前を創ることです。

ここ数年間常に思っていることで、取り組んでいることの一つですが、自分が関わったサービス・広告・商品、何でもかまわないのですが、世の中の人に当たり前に使われるものを創りだしたいと思い日々チャレンジしています。余談ですが、2015年の抱負に「一歩十歩」という言葉を掲げました。もちろんそんな言葉はありませんが...(笑)初め一歩一歩にしようと思ったのですが、それではスピード感が足りないのと自分らしくないなということで...。

堅実に一歩一歩進むよりも人が一歩動いている間に十歩進むくらいの気持ちで、守りに入ることなく、スピード感をもってどんどんチャレンジしていきたいと思います。