CyberBuzz採用情報

2020年度
新卒採用

任せたメンバーのプロダクトがリリースできたとき、メンバーの成長を実感するとき、何よりやりがいを感じます。

エンジニア

HIROSHI KANAMORI

金森 紘

執行役員

2013年中途入社

2009年 大学院に在籍しつつ、SI会社へ就職。
2013年4月、 サイバー・バズに入社。開発リーダーとして従事。
2014年 チーフエンジニアとして、自社メディア事業の開発全般に従事。
2016年4月- システム開発局局長に就任。現在は、執行役員として全体の開発を管轄している。

今のお仕事内容を教えてください。

システム開発本部の役員としてサイバー・バズ独自の自社サービス・内製サービス/テクノロジー側からサイバー・バズを支える組織構築をしています。営業組織だったサイバー・バズをビジネスと並行させたエンジニア組織に構築することがわたしのミッションです。

お仕事をする上でのやりがいを教えてください。

大きな裁量をもって、幅広く事業にチャレンジできることですね!特にわたしにとっては、テクノロジー分野でのチャレンジ。最先端のAI
テクノロジーに挑戦している最中です。また、執行役員兼CTOという役割を担っていますので、何か与えられてするというよりも、開発としてどうやって組織貢献できるかと、執行役員として会社としてどうするべきかの対局の側面から意識できることはやりがいを感じます。
個人としては、前職SI(受託開発)出身ですので、受動的クライアントありきの世界にいましたが、サイバー・バズでは、いかに自分から能動的に動くのかが大事になってきます。自ら創っていくのは、しんどくもあり楽しくもあります。逆にいえば、自ら能動的に動ける人でないとしんどい環境かもしれませんね。自ら掴み取りにいくことを楽しめることが大切です!そして、任せたメンバーのプロダクトがリリースできたとき、メンバーの成長を実感するとき、何よりやりがいを感じます。

金森さんはどんな学生でしたか?

わたしは、小さな頃からコンピューターがある家庭に育ちました。ダイヤルアップ時代(笑)中学生からインターネットをはじめ、コミュニティサイトのHPをつくっていましたね。自分のつくったものが多くの人の目に触れ、そのサイトで人とひとが繋がっていく現象が面白かったんです。そして、ちゃんとわたしにフィードバックが返ってくることが楽しくてなりませんでした。なので、進路に悩むことはなかったんです。理系・情報系を選択しました。中学から携わっていたので、まわりに負けるのがとにかく嫌でしたね(笑)学業は学業でやるけれど、大学1年生の頃から受託開発のアルバイトや、大学のコンテストで優勝したりもしました。さらに大学院から大学を変え、インターネット系(専門はVR)の研究。そこでわかったのは、研究よりもつくったものに対してフィードバックがあるプロダクトを創りたいということです。それで、大学院を中退して、企業に就職しました!今の時代、1社で終わる社会ではなくなってきているので就職をもっとカジュアルに受けとめてもいいのではないかなと個人的には思いますね。「どんなことが得られるか」より「どんなことがやりたいのか」。得られるものに左右されるよりも、自分が何をしたいかが大事だと思います。得意なこと、好きなことであればベストかもしれなけど、今の感覚を信じても良いと思うんです!途中選択が変わったとしてもいいんです。そこに能動的に自分で決めたという事実があれば。わたしはそう思います。

金森さんがこれから掴みとりたい未来を教えてください。

『世界に通じるプロダクト』
サイバー・バズってこういうことをしている企業なんだ!と認知されている状態を創ります。