CyberBuzz採用情報

開発者視点だけでなくユーザー視点も持ち合わせたエンジニアでいることを意識しています。

エンジニア

YUTA CHIBA

千葉 裕太

シニアエンジニア

2014年新卒入社

大学卒業後、サイバー・バズ新卒採用第2期生として、2014年4月にサイバー・バズに入社。
社内向け経理システムをチーム開発。チームリーダーとしてシステム設計から行う。
その後、自社メディアRipreの開発責任者に従事。
現在では、通常業務と並行して、アパレルのクラウド展示会サービスCloud-Fの立ち上げや、新人育成にも携わっている。

サイバー・バズへの入社経緯を教えて下さい。

大学は経営学部で文系だったのですが、1,2年生の時にスマートフォンを持つ友人が増えアプリの話題が飛び交うようになり、「自分も多くの人に使われるアプリを創りたい」と思ったことをきっかけに独学でプログラミングの勉強を始めました。

当時参加した長期インターンシップで、アプリの企画から開発までを行う機会があり、自分で考えたものがカタチになりそれをユーザーに使ってもらうことにとてもワクワクしました。それがきっかけでエンジニアへの道を決めました。ただ、もともと技術系ではなく文系出身だったこともあり、エンジニアとして決まったものを創っていくという働き方より、「世の中に価値のあるサービスを創りたい」という思いが強く、エンジニアもサービスプロデュースも両方出来るサイバー・バズに入社を決めました。

入社して2年半経った頃から、通常のエンジニアの業務と並行させながら、社長直下で新規事業の企画提案、開発なども行っていました。

千葉さんがエンジニアとして働く上で大切にしていることを教えて下さい。

私は、開発者視点だけでなくユーザー視点も持ち合わせたエンジニアでいることを意識しています。現在取り組んでいる新規事業チームへの参加も自ら志願をしていて、世の中の課題解決ができるツールやLINEのようなコミュニケーションサービスなど、色々なモノを創っていきたいと思い日々仕事をしています。

先日も、社内プロジェクトで社内向けの経理システムをゼロから創ったのですが、それに対して、「これ良いね」「旧バージョンより使い易い」という社員の声を聞き、ユーザーから生の声を聞くことは本当に面白いなと改めて感じました。それが万単位・億単位になっていくと思うと相当ワクワクしますよね。サービスは、使ってくれるユーザーがいて初めて成り立ちます。

「ユーザーのニーズを満たすためにこういった機能が追加できる」という視点も持ち合わせたエンジニアとして、これからも新しいサービスを創っていきたいと思っています。

休日はどんな過ごし方をされていますか?

休日は、映画を観たり、買い物に行ったり、旅行をしたり、夏場はサーフィンにも挑戦しています。また、カフェでゆっくり勉強しながら過ごすこともあります。会社の周りにはお洒落で落ち着いた雰囲気のカフェが多いので、よく散策しています。最近では、渋谷マッドコーヒーやPort of callによく行きます。おすすめです!