Interview

人に愛されるものづくり

2015年新卒入社

局長兼VPoE(Vice President of Engineering)

佐々木 空

SASAKI TAKA

人に愛されるものづくり

2015年新卒入社。 入社後は社内サービス開発・ヘルスケアメディア/サービスの開発を担当。 その後は開発チームリーダーとして、インフルエンサーサービスの「NINARY」やサービス横断クラウド基盤システム「Buzz Cloud」の開発・運用を担当。現在はアカウント運用SaaS「Owgi」を開発中。全社ベストクリエイター賞を3度受賞。2021年10月、VPoE(Vice President of Engineering)に就任。

Q今年の採用テーマは「本当にベンチャー志向?」です 。ベンチャーで働くことについて教えてください。

#まだ世の中にないものを生み出す

 新しい市場・新しいサービス・新しい概念など、まだ世の中にないものを生み出すことで世の中を変えていく、という考え方が大切だと思います。既にあるもので戦うことは、多くの人ができることです。新たに生み出すことは難しいですが、そうしてできた新しい価値こそが世の中を変えていけるポテンシャルを持つと思います。

Q今のお仕事内容を教えてください。

 アカウント運用SaaS「Owgi」の開発をしています。今までのサイバー・バズにはノウハウがない、SaaS形態のサービス開発なので日々様々な難題にぶつかりますが、営業・CS・開発チーム合同で色々な視点から意見を出し合い、日々サービスの改善を続けています。

Qお仕事をする上でのやりがいを教えてください。

 大きく3つあります。  一つめは、新しく作り出したものがユーザーに価値をもたらし、それを実感できること。二つめは、チームでそれに誇りを持ち、また新しいものを生み出す原動力を得ること。そして三つめは、ユーザー・会社・チームの全員が、作り出したものに愛情・愛着を持てることです。

Qどんな学生でしたか? / 学生時代学んだこと

 大学に入る前は、基本情報技術者関連の勉強こそしていましたが、エンジニアリングについては右も左もわからない、実戦経験ゼロの学生でした。大学が「実学主義」を掲げていたこともあり、とにかく開発を実践できるような講義・研究室を選択し、何とか優秀な同級生に食らいついていくのに必死でした。毎日焦りを感じていた気がします。  大学生時代はプロジェクトという形での開発経験をとにかく積み、そこで得た経験を通して自分なりにWebサービスを作ってみるといったようなことをしていました。  それまではIT関連の技術職に就くというざっくりした目標でしたが、経験を積むうちに、実際にものを作りユーザーに使ってもらう、”サービスづくり”に深い魅力を感じるようになり、それが就活の軸になっていきました。

Qサイバー・バズを選んだ理由を教えてください。

 逆求人イベントで出会ったサイバー・バズですが、最終的にはそこで働く「人」に魅力を感じました。経営陣から若手まで皆が前向きで主体的。こんな人たちと働いたら楽しいだろうな、こういう人たちがいる組織文化で働きたいなと考えるようになり、サイバー・バズを選びました。

Q学生へ一言メッセージをお願いします。

 自分の想いや軸を大切にしてください。  妥協や後悔のないように、自分に正直に真っ直ぐな就活をして欲しいです。自分を出し切った就活の果てには、きっと皆さんにピッタリな企業が待っています。

topへ