Interview

任せたメンバーのプロダクトがリリースできたとき、メンバーの成長を実感するとき、何よりやりがいを感じます。

2013年中途入社

CTO

金森 紘

HIROSHI KANAMORI

任せたメンバーのプロダクトがリリースできたとき、メンバーの成長を実感するとき、何よりやりがいを感じます。

大学院に在籍しつつ、2009年にSI会社へ就職。2013年4月に株式会社サイバー・バズに入社し、開発リーダーとして従事。2014年にチーフエンジニアとして、自社メディア事業の開発全般に従事する。 2016年4月に、システム開発局局長に就任。現在は、システム開発本部 本部長として全体の開発を管轄している。

Q今年の採用テーマは「本当にベンチャー志向?」です 。ベンチャーで働くことについて教えてください。

#新しい価値

 ベンチャーは、常に世の中に新しい価値を提供することによって成長できます。また、エンジニアとしても、常に新しいことに挑戦して成長できます。一緒に新しい価値のある事業をつくり、成長していきましょう。

Q今のお仕事内容を教えてください。

 システム開発本部のCTOとして、独自の自社サービス・内製サービス/テクノロジー側からサイバー・バズを支える組織構築をしています。サイバー・バズは営業が多い会社なので、エンジニア組織を、ビジネスサイドと並行させた組織に構築することがわたしのミッションです。

Qお仕事をする上でのやりがいを教えてください。

 大きな裁量をもって、幅広く事業にチャレンジできることですね!特にわたしにとっては、テクノロジー分野でのチャレンジ。最先端のAIテクノロジーに挑戦している最中です。  また、CTOという役割を担っていますので、何か与えられてするというよりも、開発としてどうやって組織貢献できるかと、CTOとして会社としてどうするべきかの対局の側面から意識できることはやりがいを感じます。  個人としては、前職SI(受託開発)出身ですので、受動的でクライアントありきの世界にいましたが、サイバー・バズでは、いかに自分から能動的に動くのかが大事になってきます。自ら創っていくのは、しんどくもあり楽しくもあります。逆にいえば、自ら能動的に動ける人でないとしんどい環境かもしれませんね。自ら掴み取りにいくことを楽しめることが大切です!  そして、任せたメンバーのプロダクトがリリースできたとき、メンバーの成長を実感するとき、何よりやりがいを感じます。

Q学生時代・エンジニアを目指したきっかけを教えてください。

 わたしは、小さな頃からコンピューターがある家庭に育ちました。中学生の頃のダイヤルアップ時代からインターネットをはじめ、コミュニティサイトのHPをつくっていました。自分のつくったものが多くの人の目に触れ、そのサイトで人とひとが繋がっていく現象を面白く感じていました。  そして、ユーザーからフィードバックが返ってくることが楽しくてなりませんでした。なので、進路に悩むことはなく、大学は理系・情報系を選択しました。中学から携わっていたので、周りに負けるのがとにかく嫌でしたね。  大学時代は、情報メディア(テキスト・音声・VR/MRなど)を専攻していました。学業は学業でやるけれど、大学1年生の頃から受託開発のアルバイトや、大学のコンテストで優勝したりもしました。  さらに大学院から大学を変え、ネットワークを専攻して次世代の通信プロトコルの研究をしていました。やはり、中学時代からコミュニティーサイトを作っていた経験が大きかったと思います。そこでわかったのは、研究よりもつくったものに対してフィードバックがあるプロダクトを創りたいということです。それで、大学院を中退して、企業に就職しました。

Qサイバー・バズを選んだ理由を教えてください。

 前職がSI会社ということもあり、作って終わりという形ではなく、継続的にユーザーと関わりながら開発していくサービス会社を考えていました。当時は、独立も視野に考えていましたが、人のご縁からサイバー・バズを知り、まずはここでチャレンジしてみようということがきっかけでした。入社後は、裁量が大きく様々なことにチャレンジできる環境で得た経験から、単にサービス作りや技術ということだけではなく、事業数字や組織としてどうあるべきかという考えを持ち、実行していくことの重要性を学べたことが、自身の人生の中で大きな転換期だったと考えています。  入社後は、裁量が大きく様々なことにチャレンジできる環境で得た経験から、単にサービス作りや技術ということだけではなく、事業数字や組織としてどうあるべきかという考えを持ち、実行していくことの重要性を学べたことが、自身の人生の中で大きな転換期だったと考えています。

Q学生へ一言メッセージをお願いします。

 サイバー・バズでは、サービスを開発・運用する中でも、営業や運用チームとの距離も近く、また新規事業を立ち上げる機会も多くあります。  単にエンジニアとしてスキルを高めるだけではなく、企画などを通して実践的にビジネス面でのスキルも高めることができる環境です。エンジニアとしてスキルを高めつつ、新しい価値のある事業を生み出していきましょう。

topへ