マネージャー

鬼島 智人 KIJIMA TOMOHITO

2017年中途入社

  • 日本国内のみならず、
    世界にインパクトを与える会社にしたい

経歴

2000年4月SI会社に新卒として入社し、金融系のシステム開発に従事。
2006年3月株式会社カービューにエンジニア職として入社し、SNS事業、海外事業の開発マネージャーを歴任し、各事業の開発責任者として開発部門を管轄。2017年6月株式会社サイバー・バズにエンジニア職として入社。BtoCの自社サービスである「Ripre」の開発全般を担当しながら、社内インフラ・ネットワーク、全社的なシステム導入なども行なっている。

今のお仕事内容を教えてください。

社内メンバーと密に連携を取り、自社の既存プロダクトのユーザー・クライアント・バックオフィス系のサイト開発、技術を駆使して業務効率化できるものなど、技術を用いて課題を解決できるものがあれば全般的に携わっています。
その他、社内サーバー構築や情報システム業務、エンジニアの採用、プロダクトに紐づかない開発周りの調整や社内ルール整備と、未経験領域も含め、技術が関わる様々なことに対してフレキシブルに携わっていることも特徴です。

お仕事をする上でのやりがいを教えてください。

つくりあげた自社サービス・プロダクトが収益につながり、会社・自身の成長につながること。また、ユーザー・クライアントとの距離が近く、社内の業務改善などでもお礼を言われることはしばしばで、そういったこともやりがいにつながります。
自分がつくったものが社会に価値を認められて、会社として収益化されていることがリアルに目に触れることができる環境です。いい意味でルールや縛りがないサイバー・バズ。柔軟性と積極性を持ち合わせていれば、本人次第で幅広くテクノロジーへ挑戦することができます。もちろん、見えにくい部分の対応もあります。緊急を要するトラブル対応や実現が容易ではないものを含め、苦労と達成の経験がわたしの財産となっています!

鬼島さんはどんな学生でしたか?

簿記などの経理系の勉強と開発などの技術系の勉強、デザイン系のツールを使用し制作系の勉強ができる少し特殊な専門学校に在籍していました。学校のPCを持ち帰らせてもらって、飲食店のアルバイトをしつつ、プログラムを書いたり絵を描いたりしていました。
元々ものづくりが好きだったため、専門学校時代に開発言語に触れ、「自分が作ったもので自分や周りの人に喜んでもらえる」という部分で、ものづくりの楽しさを再認識したことがエンジニアを目指すきっかけになってます。

サイバー・バズを選んだ理由を教えてください。

サイバー・バズに入るきっかけは、前職の会社にベンチャー時代に入社しその後上場、大きな組織になってきたタイミングで、またベンチャー感満載の企業を追い求めた自分が居たからです。小さな組織から大きな組織に変わっていく過程で、ルールやセキュリティ等の移り変わりを経験したことや、部長代理業務も兼任しながら開発組織全体の統制をしたりと、様々な視点からの経験が積めたこともあり、これまでの知見を新たにベンチャー企業で活かしていきたいと思っていました。
転職エージェントからいくつかオファーをいただきましたが、決め手はCTO金森との面談。営業パワー全開のサイバー・バズに、ビジネスを並行させた強いエンジニアチームを構築していこうというメッセージに共感しました。
テクノロジーサイドからサイバー・バズを支える組織構築への挑戦にワクワクしています。そのため、インターネット業界の変化スピードを楽しむことができて、向上心があり、努力できる人と一緒に働きたいと思っています。提起するだけでなく、アイデアを実行できる人を待っています!

これから挑戦したいことを教えてください。

『日本国内のみならず世界にインパクト与える会社にする』

サイバー・バズは軸を抑えていればルールがなく、エンジニアが動きやすい環境です。今後組織が大きくなるにつれて、会社として求められるものが増えていく可能性が大きいので、今CTOにさまざまな組織運営上の判断、社内承認など技術以外の業務が集中していることを自分が巻き取り、CTO含めエンジニアが技術に集中できる組織にします。CTOやエンジニアは技術で攻め、私はバランスを取りながら会社のシステム土台を構築。チームワークをさらに強化します。
プライベートでは育児に夢中。生活も仕事も楽しんで人生を豊かにしていきます!

INTERVIEW

ENGINEER

エンジニアの新卒採用の詳細はこちらをご覧ください。エンジニアページへ
ENTRY

新卒採用にエントリーをご希望の方はこちらからご応募ください。

もっと見る