Recruit Engineer

Message

代表取締役社長

髙村彰典

Akinori Takamura

現代は、あらゆるサービスがインターネット上に存在する時代になってきました。「インターネット上にないものはない」と言っても過言ではないかもしれません。それでもこの市場では、日々とてつもない数のサービスが生まれています。まだまだ成長市場であり、新しい価値が溢れる宝庫と言えるでしょう。

もっと見る

代表取締役社長 CEO 髙村彰典

代表取締役社長

髙村彰典

Akinori Takamura

現代は、あらゆるサービスがインターネット上に存在する時代になってきました。「インターネット上にないものはない」と言っても過言ではないかもしれません。それでもこの市場では、日々とてつもない数のサービスが生まれています。まだまだ成長市場であり、新しい価値が溢れる宝庫と言えるでしょう。

もっと見る

代表取締役社長 CEO 髙村彰典

現代は、あらゆるサービスがインターネット上に存在する時代になってきました。「インターネット上にないものはない」と言っても過言ではないかもしれません。それでもこの市場では、日々とてつもない数のサービスが生まれています。まだまだ成長市場であり、新しい価値が溢れる宝庫と言えるでしょう。
そんな中でエンジニアの市場価値はより高まってきています。ですが、これからは要件通りに作る技術だけではなく、エンジニア職や総合職といった職種の垣根を超えて「企画立案ができる」「事業アイデアを考えて自ら開発ができる」といった幅広い力が求められると思います。当社でも、エンジニアには開発視点から事業に対する意見を求めています。
また、2021年度の採用テーマである「ひねれ」にあるように、若いうちに「ひねり出す」経験をどのくらいしたのか、その積み重ねが未来の自分への投資になることは間違いありません。
当社はソーシャルメディアを中核として事業を展開しています。ですが、今後も固定概念にとらわれることなく、果敢に新しい事業に挑戦していこうと思 っています。
「エンジニアとしての力を発揮してみたい」「世の中を変えたい」と思っている学生の皆さんに興味を持ってもらえたら嬉しいです。

代表取締役社長 髙村彰典

執行役員 CTO

金森 紘

Hiroshi Kanamori

私たちが目指しているのは、オーナーシップを持った開発です。ただ要件通りに作るのではなく、この事業を成功させるにはどんな課題があるか、技術でどうやって解決できるかを考え、企画から携わり実現することをミッションとしています。

もっと見る

執行役員 CTO 金森 紘

執行役員 CTO

金森 紘

Hiroshi Kanamori

私たちが目指しているのは、オーナーシップを持った開発です。ただ要件通りに作るのではなく、この事業を成功させるにはどんな課題があるか、技術でどうやって解決できるかを考え、企画から携わり実現することをミッションとしています。

もっと見る

代表取締役社長 髙村彰典

私たちが目指しているのは、オーナーシップを持った開発です。ただ要件通りに作るのではなく、この事業を成功させるにはどんな課題があるか、技術でどうやって解決できるかを考え、企画から携わり実現することをミッションとしています。
この中で、信頼・人脈・経験を稼ぐことによって、本当に価値のあるエンジニアになれると考えています。課題発見には、エンジニアスキルだけではなく、ビジネススキルも重要になってきます。そしてその解決には、技術の陳腐化が早い中、継続的に新しい技術にふれることが重要になります。
当社では、営業や運用との距離も近く、また新規事業を立ち上げる機会も多くあり、実践的にそれらスキルを高める土壌があります。ぜひエンジニアとして成長しつつ、会社の事業の成長や新規事業に一緒にチャレンジしていきましょう。

執行役員 CTO 金森 紘

System

開発環境
開発環境
新しい取り組み
最近ではマイクロサービス開発の思考を取り入れてサービス開発を行っています。今まではモノリシック作りで1サービスであったものをドメイン単位にし、複数のプロダクトをサポートするという技術的なチャレンジをしています。 また、AI分野においても産学連携で開発を行っています。私たちが得意とするSNS分野で、それらの膨大なアクティビティデータを用いて、学習させ様々なツールを展開していきます。
技術選定基準
私たちは、技術的にチャレンジしていくことを重視しています。
前提として、要件や課題解決に合致するものであることが最重要ですが、技術の移り変わりが激しい中、既存技術だけではなく、新しい技術を試していくことにより、より良い解決方法が生まれることを期待しています。
そして、技術的なチャレンジもありつつ、ワクワクしながらサービス開発を行っていけたらと考えています。
入社後教育
入社するメンバーのスキルレベルにあわせて教育内容も変えています。
基本的に、約半年をかけてトレーナーと一緒に各サービスにおいて実際に開発を行うといった実践的なものになります。
技術的な成長だけではなく、実際のサービス開発を行うことでよりサービスを良くしていこうという企画や開発力を養っていきたいと考えています。
評価基準
一定の技術水準がある上でチャレンジしているか否か。
現状維持ではなく、課題をみつけ解決していくためにチャレンジしているか。
そこに伴っての技術力、サービスのクオリティ、開発プロセス、サービスや組織への貢献度などを総合的にみて評価しています。
勉強会・開発サポート
決まったテーマではなく、普段の開発に関連する実践的な内容や新しい技術を実際に使ってみるなど自由に発表・共有する場になっています。また、定期的にテーマを決めて数日間の開発合宿を行っています。
また、スキルアップを目的とした勉強会・技術本の費用負担などがあります。
今後もエンジニアをサポートするための取り組みをもっと実現させていきたいと思います。
エンジニア向けサポート制度
スキルアップを目的とした勉強会・技術本の費用負担などがあります。
今後もエンジニアをサポートするための取り組みをもっと実現させていきたいと思います。
技術本・雑誌購入費用負担/勉強会費用負担
ひねれ cyberbuzz recruit 2022