ENGINE

MESSAGE

もっと見る

2020年度もエンジニア新卒採用を実施いたします。当社においてなにができるかと聞かれたら、「できることだらけ。」かもしれません。ここまでしかやってはいけないということも一切ありません。
これからはエンジニアはプログラムを書くだけではなく、事業を考える力、企画力、クリエイティブに関してのスキルも求められてくると思っています。また、現状当社はマーケティングの印象が強いかもしれませんが、今後は、ニーズのある分野には積極果敢に投資をしていきます。だからチャンスがあれば、なんでも提案して進めて欲しいと期待しています。
それから、働きやすい環境づくりも積極的に作っていきたいと考えています。そしてそのためにはエンジニアの意見は欠かすことができません。その中の1つのアイデアとして、エンジニアだけで行う地方での合宿制度「EDISON(エジソン)」も導入し、各々のレベルアップ、懇親会なども実施し、チームで仕事をしていくことの大切さを大事にしてもらうようにもしています。こんなことやってみたいとアイデアのある学生、開発だけではなく事業・企画にも関わっていきたい学生のみなさんには是非来て欲しいです。

代表取締社長(CEO)高村 彰典
もっと見る

私たちが目指しているのは、オーナーシップを持った開発です。ただ要件通りに作るのではなく、この事業を成功させるにはどんな課題があるか、技術でどうやって解決できるかを考え、企画から携わり実現することをミッションとしています。
また、それができるエンジニアが価値のあるエンジニアだと考えています。課題発見には、エンジニアスキルだけではなく、ビジネススキルも重要になってきます。そしてその解決には、技術の陳腐化が早い中、継続的に新しい技術にふれることが重要になります。
サイバー・バズでは、営業や運用との距離も近く、また新規事業を立ち上げる機会も多くあり、実践的にそれらスキルを高める土壌があります。ぜひ会社の「ENGINE」として、事業の成長や新規事業にチャレンジしていきましょう。

執行役員 CTO金森 紘

INTERVIEW

SYSTEM

  • FEATURE01
  • FEATURE02
  • FEATURE01
  • FEATURE02

    最近ではマイクロサービス開発の思考を取り入れてサービス開発を行っています。今まではモノリシック作りで1サービスであったものをドメイン単位にして、複数のプロダクトをサポートするという技術的なチャレンジをしています。
    また、AI分野においても産学連携で開発を行っています。私たちが得意とするSNS分野で、それらの膨大なアクティビティデータを用いて、学習させ様々なツールを展開していきます。

  • FEATURE03
  • FEATURE04
  • FEATURE03

    私たちは、技術的にチャレンジしていくことを重視しています。
    前提として、要件や課題解決に合致するものであることが最重要です。が、技術の移り変わりが激しい中、既存技術だけではなく、新しい技術を試していくことにより、より良い解決方法が生まれることを期待しています。
    そして、技術的なチャレンジもありつつ、ワクワクしながらサービス開発を行っていけたらと考えています。

  • FEATURE04

    入社するメンバーのスキルレベルにあわせて教育内容も変えています。
    基本的に、約半年をかけてトレーナーと一緒に各サービスにおいて実際に開発を行うといった実践的なものになります。
    技術的な成長だけではなく、実際のサービス開発を行うことでよりサービスを良くしていこうという企画や開発力を養っていきたいと考えています。

  • FEATURE05
  • FEATURE06
  • FEATURE05

    一定の技術水準がある上でチャレンジしているか否か。
    現状維持ではなく、課題をみつけ解決していくためにチャレンジしているか。
    そこに伴っての技術力、サービスのクオリティ、開発プロセス、サービスや組織への貢献度などを総合的にみて評価しています。

  • FEATURE06

    技術共有・ハンズオンなど、メンバー持ち回りで勉強会を開催しています。
    決まったテーマではなく、普段の開発に関連する実践的な内容や新しい技術を実際に使ってみるなど自由に発表・共有する場になっています。

  • FEATURE07
  • FEATURE07

    スキルアップを目的とした勉強会・技術本の費用負担などがあります。
    今後もエンジニアをサポートするための取り組みをもっと実現させていきたいと思います。
    技術本・雑誌購入費用負担/勉強会費用負担

  • FEATURE01
  • FEATURE01
  • FEATURE02
  • FEATURE02

    最近ではマイクロサービス開発の思考を取り入れてサービス開発を行っています。今まではモノリシック作りで1サービスであったものをドメイン単位にして、複数のプロダクトをサポートするという技術的なチャレンジをしています。
    また、AI分野においても産学連携で開発を行っています。私たちが得意とするSNS分野で、それらの膨大なアクティビティデータを用いて、学習させ様々なツールを展開していきます。

  • FEATURE03
  • FEATURE03

    私たちは、技術的にチャレンジしていくことを重視しています。
    前提として、要件や課題解決に合致するものであることが最重要です。が、技術の移り変わりが激しい中、既存技術だけではなく、新しい技術を試していくことにより、より良い解決方法が生まれることを期待しています。
    そして、技術的なチャレンジもありつつ、ワクワクしながらサービス開発を行っていけたらと考えています。

  • FEATURE04
  • FEATURE04

    入社するメンバーのスキルレベルにあわせて教育内容も変えています。
    基本的に、約半年をかけてトレーナーと一緒に各サービスにおいて実際に開発を行うといった実践的なものになります。
    技術的な成長だけではなく、実際のサービス開発を行うことでよりサービスを良くしていこうという企画や開発力を養っていきたいと考えています。

  • FEATURE05
  • FEATURE05

    一定の技術水準がある上でチャレンジしているか否か。
    現状維持ではなく、課題をみつけ解決していくためにチャレンジしているか。
    そこに伴っての技術力、サービスのクオリティ、開発プロセス、サービスや組織への貢献度などを総合的にみて評価しています。

  • FEATURE06
  • FEATURE06

    技術共有・ハンズオンなど、メンバー持ち回りで勉強会を開催しています。
    決まったテーマではなく、普段の開発に関連する実践的な内容や新しい技術を実際に使ってみるなど自由に発表・共有する場になっています。

  • FEATURE07
  • FEATURE07

    スキルアップを目的とした勉強会・技術本の費用負担などがあります。
    今後もエンジニアをサポートするための取り組みをもっと実現させていきたいと思います。
    技術本・雑誌購入費用負担/勉強会費用負担

RECRUIT

  • 選考プロセス
    1. ① エントリー  
    2. ② 説明会・選考会
    3. ③ 面接数回
    4. ④ 社長面談(最終)
  • 募集職種
    • エンジニア
    • 既存自社メディアや新規立ち上げメディアにおける開発・運用に従事し、要件定義・設計からプログラミング、運用・改善まで全般を担当していただきます。
  • 給与
    • 30万円~/月(年俸制360万円~)
    • ※評価に応じて年俸を見直します。 (4月・10月)
  • 就業時間
    • 10:00〜19:00
    • ※内、休憩1時間。職種によっては裁量労働制適用
  • 勤務地
    • 東京本社(東京都渋谷区)
  • 社内制度・福利厚生
    • JJ(自考自創)会議

      管理職社員が中心となり、事業責任者や専門分野に精通した若手を選出し、年に2度、サイバー・バズの未来に繋がる経営課題を考える会議を開きます。

    • バズ7

      年に1回社長会議で、社員の中から執行役員を選抜する制度です。

    • 家賃補助制度(2駅ルール、どこでもルール)

      家賃補助制度。勤務しているオフィスの最寄駅から2駅圏内に住んでいる正社員に対し月3万円、5年以上勤続している正社員に対してはどこに住んでいても月5万円の家賃補助を支給します。

    • ワンコインジム

      オフィスの地下にあるジムを、1回500円で利用できる制度です。(ウエアレンタル込み)

    • 各種インセンティブ制度

      四半期MVP表彰、半期MVP表彰あり。

  • 休日休暇
    • 完全週休2日制(土曜・日曜・祝日)

    • 夏季休暇(7月1日〜11月末までの期間に3日間)

    • 年末年始休暇(12月29日〜1月3日)

    • 年次有給休暇

    • 慶弔休暇

    • 休んで5

      入社3年目以上の正社員に対し、毎年5日間の特別休暇を付与
  • エンジニア向け
    サポート制度
  • スキルアップを目的とした勉強会・技術本の費用負担などがあります。
    今後もエンジニアをサポートするための取り組みをもっと実現させていきたいと思います。
    技術本・雑誌購入費用負担/勉強会費用負担

ENTRY

新卒採用にエントリーをご希望の方はこちらからご応募ください。

もっと見る