Interview

#市場革命

2019年入社

水口隼人(24)

Hayato Mizuguchi

#市場革命

Q現在の仕事内容について教えてください

営業本部 代理店営業局 マネージャー 関西の広告代理店を主に担当しています。顧客の課題解決のためにSNS施策でできることをプランニングし、提案しています。2020年10月にマネージャーに昇格したので、今後はチームマネジメントも行なっていきます。

Qサイバー・バズをひとことでいうと

『自己実現』

自分が成し遂げたいこと、なりたい像を発信していると、全力で応援してくれる会社だと思います。 私は入社時から「1年後にマネージャーになりたい」と宣言していました。 上長は、その目標のために「何が足りないのか」をいつも整理してすり合わせてくれました。またマネージャーmtgに参加させてもらったり、マネージャーの仕事を一部任せてもらったりと、チャンスを積極的に与えていただきました。 サイバー・バズは、自分の目標・なりたい姿に対して会社全体でサポートしてくれるので、「自己実現」が叶う場所だと思います。

Q学生時代について教えてください

大学時代は4年間、個別指導塾のアルバイトを行なっていました。 担当は主に受験生(高校3年生)で、大学受験に向けたプラン組み〜実際の授業まで一貫して担当していました。 「合格」というゴールのために、いつまでにどのような授業を組んでいくべきか。自身で設計して親御さんに提案をするスタイルだったので、自ずと責任も伴いましたね。 業種は全く異なりますが、ゴールから施策を設計する流れは、現在のバズの営業スタイルとも繋がるところがあると感じています。

Qサイバー・バズに決断した理由を教えてください

圧倒的な「裁量権」と「市場成長性」に魅力を感じ、決断しました! 裁量権: 20代でマネジメント職に付いている人は市場価値が高く、自身も早期に経験したいと考えていました。 サイバー・バズでは、2年目でマネージャーや局長など、若い頃からマネージメントに携わっている人が複数人おり、抜擢文化が根付いているということが自分の理想と一致しました。 市場成長性: 飽き性なんですよね。なので、何か1つの事業やサービスに取り組む会社より、色んな案件に携われたり、変化が多そうな新しい市場で活躍したいと考えていました。 その軸で、インターネット広告業界の会社にいくつかエントリーし、その中で、インフルエンサー市場の伸び、またSNSはまだ未開拓市場で面白そうだなと思い、バズに決断しました。

Q入社してから今までについて教えてください

入社後の配属からずっと、代理店販路の営業担当をしています。 営業局内で何度か異動はしており、担当する代理店やクライアントによって、営業の色が大きく変わるのでその度に刺激を受けますね。 ー 一番印象に残っていることはなんですか? 悔しい思いをした、という意味で印象に残っているのは「担当変更」を言い渡されたことです。 1年目で大きなお客さんを任せていただいたのですが、ほとんど初めての案件進行で上司の巻き込み方も分からず。結局クライアントと認識齟齬が起こってしまい、担当変更の依頼が上長へ... 正直低迷期でしたね、ディレクションのみならず受注もうまくいかない状態が続きました。 ー あまり落ち込んでいるイメージがないですが、そんな時でもモチベーション高くいられた秘訣はありますか? 目標が「1年後にマネージャー」だったので、自然と視座が高くなっていたと思います。 また、局長から「俺も1年目はどうしようもなかったよ」と声をかけていただいたことで、今が必要な時期なんだ、と思えることもできました。 別部署の上司に言っていただいた「お前は才能あると思う、自分の可能性は自分が一番信じろ」というアツい言葉も、自分を鼓舞してくれます。 ー アツいですね!一番嬉しかったことも教えてください。 関西の代理店を担当するようになり、当時の上長にイチからビシバシ指導してもらいました。提案資料やメール文面一つとっても、ちょっとした配慮の積み重ねが大事であることを学びました。 低迷期を脱し2月に大きく受注を決め、チーム初達成&個人でも初MVPを取ることができたときは、すごく嬉しかったです!

Q今年の採用テーマは「ひねれ」です 。これからひねり出していきたいものを教えてください!

#市場革命

SNSマーケティング市場は急拡大していて常に変化しています。 常識にとらわれない新しい提案やアイディアをひねり出し、チーム一丸となって市場に革命を起こすぐらいのチャレンジをしていきたいです!

Qどんな新入社員と一緒に働きたいですか?

"勢いのある人"

臆せず自分の意見や想いを発信してくれる「勢いのある」方と是非一緒に働きたいです。 私自身、そんなルーキーたちと一緒に会社全体を突き上げていきたいからです。 最近は謙虚すぎる人が多い気がするので、「1位じゃなきゃダメだ!」とうるさいくらいな人に入ってきてもらいたいですね!

ひねれ cyberbuzz recruit 2022