CyberBuzz採用情報

2019年度
新卒採用

いろんな企業のプロモーションに関わることができて大規模な提案ができるのが飽きないし楽しいです。

営業職

YAMAGUCHI YUIKA

山口 結香

シニアプランナー

2016年中途入社

大学卒業後、ソフトウェアメーカーにて3年間代理店営業を経験
2016年6月にサイバー・バズに中途入社し、
営業職として代理店向けに自社メディアを活用した提案営業を行う。
2017年3月中途新人賞を受賞し、シニアプランナーへ就任。

今のお仕事内容を教えてください。

広告メディア事業部のメディアセールス局で総合代理店向けに営業しています。直接メーカーなどに足を運びクライアントに提案するのではなく、各企業を担当している大手総合代理店の人たちに向けてサイバー・バズの商品を営業するのが仕事です。総合代理店の人と同じ方向を向いて、お客様の商品の売り上げを上げるためにサイバー・バズで実施する広告の価値を提案する。一生懸命に仕事して、プロモーションを成功させ結果を出せば新しい販路が広がっていきます。「山口さんだから、バズさんだから●●ブランドの担当者を紹介するよ!」そうやって信頼・関係性で広がっていくのが代理店営業の特徴です。

お仕事をする上でのやりがいを教えてください。

やはり、いかに代理店から求められるかですね。お客様ごとに考えていることややりたいプロモーションはバラバラ。例えば、インスタグラムをやってみたいお客様もいれば、インスタグラムなんて全く意味がないと思っているお客様もいます。そのため、押し売りをするのではなくてお客様にあわせて最適なプランを代理店の方と一緒に考え提案・実施をするようにしています。結果お客様が満足し代理店の担当者の成果となる。その積み重ねでサイバー・バズが認められて、新しい企業やブランドの担当者を紹介してもらえる。そうやって販路が広がっていくことは、会社に対して大きな影響があると思いますしやりがいだと感じています。また、大手総合代理店の担当だと提案の内容の規模がものすごい大きいです。派手なことにお金をかけることができるし、そういう企画の中に入り込める。いろんな企業のプロモーションに関わることができて大規模な提案ができるのが飽きないし楽しいです。中でもサイバー・バズに入社して3か月のときに行った、インスタブラムの投稿が屋外広告になった案件はなかなかない斬新な企画で印象に残ってます。

山口さんはどんな学生でしたか?

私はもともと飽きっぽい性格で、大学生時代は学業以外にダイビング、旅行、バックパッカーなど、常にいろんなことにチャレンジしてきました。1つのことに集中し継続するというよりも、いろんなことチャレンジして新しいものを常に見ていたいタイプの性格です。そしてその性格が今の仕事とすごくあっているなと思います。大手総合代理店の中にはいろんな企業やブランドを担当している人がいるので、いろんな案件の相談がもらえますし、その都度それに最適なプロモーションを考えて提案するので飽きません。学生の頃と変わらず、目の前のことを飽きずにずっと全力でできる環境です。そんな私が就職活動をする上で大事にしていたことは、会社の雰囲気を知ることです。そのために事前の情報収集は欠かしませんでした。企業のホームページだけではなく、役員や社員のSNSを探してどういうことを投稿しているのか調べていましたね。どういう考えの人の下で働くのかということを想像しながら面接に挑むようにしていました。そうすることで熱量や温度感を相手に合わせた状態で面接が受けれるので、おすすめです。

山口さんがこれから掴みとりたい未来を教えてください。

『マルチプレイヤーになる』
私は最近動画制作の学校に通っています。もともとYouTubeが大好きで動画制作にも興味はあったのですが、今後さらにWEB動画が来ると確信しているのでついに一歩踏み出してみました。なので週末はずーっと動画制作ですね(笑)
お客様の要望に対して提案もできて制作もできて、制作者目線からの提案もできる。いずれはそんなマルチな営業になりたいと思っています。

OTHER INTERVIEWS同じ職種のインタビュー