CyberBuzz採用情報

自らの裁量で様々なチャレンジができる環境なので、次なる改善の一手を考えることに、常にわくわくしながら働いています。

エンジニア

TAKA SASAKI

佐々木 空

シニアエンジニア

2015年新卒入社

2015年4月にサイバー・バズに新卒採用第3期生として入社。
入社してからは社内サービスの開発、アプリ開発などを経て、
現在はヘルスケアメディアDoctors Meの開発を担当している。
積極的に社内の開発組織や開発環境の改善を行っており、
新規開発ツールの導入やデータ分析機構の開発、サービス基盤の見直しなどを行っている。

サイバー・バズに入社を決めた理由を教えてください。

私の場合、言われたモノだけを創って、はい、おしまい、みたいな働き方をするエンジニアにはなりたくないとずっとに思っていました。そうでないのがWEB系のベンチャー企業なんじゃないかと思ったのが就職活動のスタートでした。

その中で人を良く見ていて、中の人がどれだけ楽しそうに働いているかという点を重視していました。また、一人ひとりのやれる領域や事業の本質に関連するところまで携わることができるのかといった点も見ていました。当時出会ったサイバー・バズのエンジニアの方々が生き生きと仕事をしていたこと、そして、人間力がある人たちだなと強く感じたのが入社のきっかけです。

入社後のギャップはありましたか。

良くも悪くも、「俺はこうしたい」というただの要望では通らないところです。

例えば、新規事業案として「LINEみたいなコミュニケーションサービスを創ろう」と提案しても全く意味はありません。自分の提案に価値を持たせるために、市場や会社の現状等を加味して説得力のあるサービスの提案を行っていくということが非常に重要でした。

サイバー・バズの技術職者にはどんな人が多いですか。

より良いモノを追求していく人が多いです。

最低限の仕様ですぐにGoを出して、よし終わり!という人がとても少ないですね。ある先輩は新しい計測機や解析機などのシステムをいつも使っているのですが、気づいたら社内のシステムが快適になっているといったことが結構あります。でもそれも、ディレクターからお願いされたからではなく、「いいと思ったから入れておきました」そんな感じなんです。デザイナーにおいても、「こっちの方がいいんじゃないの?」って何個か案を持ってきて、「みんなどう思う?」みたいな感じですね。

自らの裁量で様々なチャレンジができる環境なので、次なる改善の一手を考えることに、常にわくわくしながら働いています。今後も挑戦の手を緩めるつもりはありません!