CyberBuzz採用情報

色んな事に挑戦してみたい、新しいものが好き、幅広く知識をつけたいという欲求がある人にはぜひお勧めしたいです。

営業職

TOMOAKI ISHIKAWA

石川 友章 

プランナー

2016年新卒入社

大学卒業後、​2016年新卒として​サイバー・バズに入社。​
​新規開拓営業として自社メディアを中心とした施策の提案営業を経験。
食品、製薬、コスメなど様々な業種のクライアントを担当。
2016年度新人賞を受賞。

新人賞受賞おめでとうございます。名前を呼ばれた時、どんな気持ちでしたか?

正直驚きました。目指してはいましたが納得のいく成果を出せていなかったため、行動面を評価して頂いたのだと思います。
入社してから一年間は後輩力を意識して、新卒向けの仕事がある時には雑用でもなんでも進んで立候補しました。社内キャンペーンにも積極的に取り組むなど、とにかく前のめり姿勢を大事にしていましたね。
また、上司を信頼し“ごちゃごちゃいわずにやってみる”ことを意識していました。言われたことはその場でやる、もらった指摘はすべて実行することを徹底しました。

新卒として働く上で拘っていたことがあれば教えて下さい。

週ごとに自分で1つテーマを決めて行動し、毎週振り返りを行っていました。
例えば、クライアントの情報について事前に深く調べてメモに書いて商談へ持っていく、上司への営業活動報告をいつも以上に丁寧に書いてみるなど、良さそうだなと思ったことをまずは週単位で実践し、振り返りを行い翌週の行動を改善していきました。毎週様々なミッションを自分に与えて挑戦し続けていたからこそ感覚的に大事なことが分かるようになりました。
また、知識が少ない分、行動量でNO.1になるという部分にも拘っていました。平均1人毎週10件程度のアポイント件数に対して、自分は15件を目指しました。クライアントとの接触頻度を高めることで、関係性を構築していきました。

プランナーを目指す学生、4月からの新卒に向けてメッセージをお願いします。

サイバー・バズのプランナーは一人で何社も担当することができるので、好奇心旺盛な人がすごく合うと思います。色んな事に挑戦してみたい、新しいものが好き、幅広く知識をつけたいという欲求がある人にはぜひお勧めしたいです。
今年の新卒に向けては、“お客さんを好きになること”を意識してほしいと思っています。日々の中で様々なクライアントと関わり、同時並行で仕事を進めていく中で自分の数字を追い求めるあまり余裕がなくなることもあります。そんなとき、余裕がない状態を打破するには、お客さんのことを好きになることが大切です。お客さんを好きになること、欲を言えばお客さんに自分を好きにさせること、これを意識して取り組んで欲しいと思います。そうすることで、自分の余裕がない状況下でも、お客さんのために頑張ろうという気持ちが湧き、それが心の支えとなり、よりよい成果を上げることができると思います。