CyberBuzz採用情報

エンジニアとして大切にしていることは、チャレンジし続けることです。

エンジニア

YUKI HIRAI

平井 優希

シニアエンジニア

2015年中途入社

「プログラミングを仕事にしたい!」と思い、人材業界の営業から思い切ってエンジニアにキャリアチェンジ。
セブ島で6ヶ月間の研修中に、個人的にWEBサービスを2つとiOSアプリを2つの計4つのサービスをリリース。
研修後サイバー・バズに入社し、現在はシニアエンジニアとして自社サービスの開発に携わっております。
主にPHP,Java,ScalaやPlayframeworkを使用してサーバーサイドで開発しておりますが、
インフラまわりではAWSを使用してサービス全体の開発や運用に携わっております。

サイバー・バズへの入社経緯を教えて下さい。

もともと人材業界で営業をしていましたが、趣味で始めていたプログラミングを仕事にしたいと思い、エンジニアへの転職を決意しました。業務未経験からの転職ということだったのですが、趣味でプロダクトを作っていたこともあり最終的には3社から内定を頂くことができました。その中で3社中2社はSlerの会社でした。

私がエンジニアになろうと思った理由として、自分で考えたサービスを生み出し育てていけるようなエンジニアになりたいということがあげられます。そのため、エンジニアとしてどのように開発をしていきたいかということを考えたときに、Slerで働くよりも、自社サービスを開発している会社で働きたいと強く思いました。また、未経験だったこともあり、エンジニアとしてチャレンジするならば、ベンチャー起業のようなチャレンジングな環境に身を置きたいと考えました。大企業のように既に環境が準備されているような状況よりも、自分たちで環境をつくっていけるような場所にいたほうが頑張れると考え、あえて厳しい環境に身をおくほうが良いと思ったからです。内定後はセブ島で6ヶ月間、英語とプログラミングを学ぶ研修プログラムに参加して入社しました。

平井さんがエンジニアとして働く上で大切にしていることを教えて下さい。

自分がエンジニアとして大切にしていることは、サービス開発効果の最大化です。

誰も使わないサービスを、綺麗にバグがまったくない状態でリリースしたところで
その開発に費やした時間は無駄に終わってしまいます。
なんのためにする開発なのか、
誰が必要としているサービスなのかをしっかりと納得した上で開発することや
ビジネス側と密にコミュニケーションをとってサービス開発することで
開発陣の能力をフルに発揮することができます。

ただものを作るだけのエンジニアとしてではなく、
常に成果につながるサービス開発を意識していきたいです。

サイバー・バズシステム開発本部の特徴を教えてください。

サイバー・バズのシステム開発本部の良さは、常に一歩先の成長を求められる点だと思います。

例えば私の場合だと、研修が終わった段階で既存サービスの開発を任せてもらいました。またそれから数ヶ月後には新サービスのエンジニアを任せて頂きました。自分以外のエンジニアも新しい技術への挑戦や、サービス開発などそれぞれが自身のもつ技術の一歩先の課題に挑戦しています。

また、サイバー・バズは表彰制度も充実していて、
エンジニアとして転職してから1年3ヶ月で四半期のMVP賞を頂き
2年目のときにはベストクリエイター賞を頂くことができました。
こうして仕事の成果をダイレクトに受け取ることができるのはやりがいにもつながります。