CyberBuzz採用情報

私が大切にしていることは、代理店の先にいるお客様が考えていることを想像することです。

営業職

MINAMI FUJIMOTO

藤本 みなみ

シニアプランナー

2014年新卒入社

大学時代、アイドルの活動を行いつつ、学生団体applimで広報活動を行う等、あらゆることにチャレンジ。
大学卒業後、サイバー・バズ新卒採用第2期生として、2014年4月にサイバー・バズに入社。
営業職として、広告代理店の方に向け、自社メディアを活用したプロモーションの提案営業を行う。
半期・通期通じての新人賞を受賞。

藤本さんが営業としての拘り・大切にしていることを教えてください。

私が大切にしていることは、代理店の先にいるお客様が考えていることを想像することです。

どうすることがお客様にとって一番いいのか、どんな提案をしたらより効果に直結するのかを常に考えるようにしています。営業というよりも、プランナーとして、お客様にとって一番良いプランニングができるよう意識しながら日々仕事に取り組んでいます。

あとは、お客様のことを常に考えた上で、「私だったらこう思う、こうしたい」といった自分の考えをきちんと提案することも心がけています。ただ、それが一人よがりの考えではダメだと思うので、自分が大切にしたいことがきちんとお客様にとっての効果に繋がっているか、チームの成果につながっているかという両軸でみるようにしています。

大変なことも多いですが、やりがいもとても大きいです。

営業として働く上で感じる面白さや醍醐味を教えてください。

営業として面白さを感じるポイントは、直接お客様の声を聞いてお話ができることです。

普段接する機会がないマーケティングや宣伝のプロの方とお話ができ、提案させて頂く機会があること、そして、自分の企画が通りそれが形になって世に中にでていくことは、この仕事の醍醐味ですね。

そして、プロモーション施策を通してお客様に喜んで頂けたり、目に見えて効果が出た時がもっとも嬉しい瞬間です。その瞬間のためにも、自分の力をもっともっとつけて、より良い提案ができる営業に成長したいと思っています。

サイバー・バズはどんな会社だと感じますか。

サイバー・バズは泥臭い感じのベンチャー企業だと思います。

自主性が高い社員が多く、「これはやりたい」と責任感を持って自ら手を挙げた人に仕事を任せる風土があります。人数が少ないということもありますが、一人ひとりがきちんと自立して成果を上げていくことが、組織の成果に直結していると、身にしみて感じることができる会社規模です。だからこそやりがいがありますし、営業時間以外も読書や交流会など仕事に活きるためのことに時間を使っている人が多いのだと思います。

また、熱い人が多い会社だなとも思います。仕事や成果、そしてお客様に対してそれぞれがとても熱い想いを持って仕事をしています。まぁ、だから日々の泥臭い毎日の中でも、くじけずに立ち向かっていけるのかもしれませんね(笑)

これから組織が大きくなっていき、人数がどんなに増えていったとしても、一人ひとりが熱い気持ちを持って仕事に取り組むカルチャーは残しつつ、みんなで会社を盛り上げていければと思っています。