CyberBuzz採用情報

ユーザの生の声をヒアリングし、サービスの方向性を運営側と一緒に考えることで、 納得した状態で開発を行うことができています。

エンジニア

KENTA ARAKI

荒木 健太

エンジニア

2015年新卒入社

2015年4月にサイバー・バズに新卒採用第3期生として入社。
入社してからは社内サービスの開発、スマホアプリ開発などを経て、
BtoCの自社サービスである「ポチカム」と新規事業の開発を担当している。
開発業務以外には、母校に戻って講演を行ったり、
新卒採用イベントに採用側として参加など、
社外への発信や組織の活性化に務める。
また、個人でもiOSアプリのDeveloperとして開発・リリースを行っている。

サイバー・バズへの入社経緯を教えてください。

小学生の頃からものづくりが好きでエンジニア職に憧れがあり、将来の職業にすると決めていました。

でも、地元である長崎県には自分が求めているようなベンチャー企業がありませんでした。就職活動を行っていく中で、エンジニア向けの採用イベントを通じてサイバー・バズを知りました。ただ作るのではなく、自分の意志が入ったものを作りたいという気持ちが強かったので、自社サービスを創り出して運営しているサイバー・バズに魅力を感じました。

また、社内見学に行った際に、働いている上司や先輩の人柄に惹かれたことなどもサイバー・バズに入社を決めた要因です。

現在の仕事内容を教えて下さい。

私は新卒二年目になるのですが、入社時から既存サービスよりも新規事業にあてられることが多く、ゼロの状態からサービスに関わらせてもらっています。

今は、主に2016年7月にローンチしたファッション関連の新規事業の「Cloud-F」の改修やアップデートが主な業務です。「Cloud-F」の開発に取り掛かる前は、実際に営業の方と一緒にクライアント先に足を運んだりもしました。ユーザの生の声をヒアリングし、サービスの方向性を運営側と一緒に考えることで、納得した状態で開発を行うことができています。

新規事業の開発は、何が正解かわかりません、手探りで進めていくことがほとんどです。本当に大変ですしきついと感じることもありますが、その分面白みがあると私は思います。

どういうときに技術的な成長を実感しますか?

自分が書いた過去のコードを見て、改善点が見つかるときに成長を実感します。
入社したての頃のコードを振り返ってみていると、もっとこうすれば綺麗に書けるのに、とか、無駄が多いな、という発見が本当にたくさんあります。入社してからの一年でも、だいぶ成長をしていることを実感しています。
また、当社はまだリソースが少ないので、一人でいくつかのプロジェクトを兼任する機会があります。
プロジェクトの数に比例して触れる言語の数も多くなってくるので、エンジニアとしての幅が広がる実感があります。
入社して一年以上経ち、後輩もできました。
後輩からの鋭い質問にすんなり答えることが出来たときも、成長を実感していますね。