チーフエンジニア

佐々木 空 SASAKI TAKA

2015年新卒入社

  • 仕事自体がワクワクして、私生活も充実して、
    日常のすべてが幸福感と満足感の溢れるものにしたい。

経歴

2015年4月に株式会社サイバー・バズに新卒採用第3期生として入社。
入社後は社内サービス開発、ヘルスケアメディア/サービスの開発を担当し、ベストエンジニア賞を受賞。現在は、チーフエンジニアとして5人のチームを率いて、サービス横断クラウド基盤システム「Buzz Cloud」の開発および、自社サービス「NINARY」の開発を担当している。昨年度、ベストクリエーター賞受賞。

今のお仕事内容を教えてください。

自社のソーシャルマーケティングサービスの基盤システムの開発に携わっています。
業務委託の方やデザイナーの方、他部署の方も協力をしてくれて働きやすい環境です!営業の方は直接「こういうのつくれる?」と相談をくれたり、お客さまからの要望や意見をもってきてくれます。
そうすることで、新しい視点ももらえますし、逆にこちらからも、開発目線で「できる」「できない」を直接伝えて、こういうアプローチなら実現することが可能だというアイデアを出させてもらうこともあります。
そういった相互で創っていく環境にワクワクするし、なにより面白いと感じます。日々楽しんでいますよ!

お仕事をする上でのやりがいを教えてください。

自ら手を挙げて、やろうと思えばより良いものをどこまでもつくることのできる環境があるんです。それが、わたしのやりがいに繋がっていて、サイバー・バズが非常に大きな裁量を任せてくれる会社であることを示しています。
提案の内容が顧客やサイバー・バズにとって良いものであれば、会社全体で「もっとやっていこう!」とエンジンのかかる、応援してくれるカルチャーがあります。
実際に、4年目のわたしは、担当事業の開発のほぼ全権を任せていただいていますし、それ以外の領域の改善・開発にも取り組ませてもらっています。自ら発信し、提案していくと、取り入れてもらえるウェルカムな環境に感謝しています!

佐々木さんはどんな学生でしたか?

学生時代は、「ITエンジニアとして働くためには」ということを軸に大学の講義を受けていました。良い技術を使っても、サービスは利用してもらえないと良いものとは言えない。ということを授業で学んでいたこともあり、「使ってもらえるサービス」を作っていきたいなと思っていました。

サイバー・バズを選んだ理由を教えてください。

当時の内定者が「バズを代表するサービスを一緒に作っていこう。」と熱い想いを語ってくれたからです。社員の方が熱く語ってくれることはあると思いますが、内定者がエンジニアスキルの向上だけではなく、「サービスを作って良くしていこう。」という前向きなマインドを持っているのは驚きで、僕も奮い立ったのを覚えています。

これから挑戦したいことを教えてください。

『「エンジニアあっての、サイバー・バズだよね。」と言われるようにしていきたい』

社内には、「新規事業MTG」をはじめとした新サービスを生み出す仕組みが多くあります。新規事業案が出たときに、最速で実現できる開発環境をつくっていきたいと思います。そのために、開発や新しい技術の実用化のスピードをもっと早めていきたいです。
現状では、新しい技術を吸収するために、社内勉強会に外部の方を招いたり、土日に趣味の範囲ではありますが社外の人とサービス開発をしたりしています。またお世話になった開発会社の方などにも定期的に連絡を取るようにしています。

INTERVIEW

ENGINEER

エンジニアの新卒採用の詳細はこちらをご覧ください。エンジニアページへ
ENTRY

新卒採用にエントリーをご希望の方はこちらからご応募ください。

もっと見る