記事画像

「センスを磨くには"知識"が必要」人気インスタグラマーのこだわりや工夫

「センスを磨くには"知識"が必要」

人気インスタグラマーのこだわりや工夫

今回はセンス溢れる投稿が人気のInstagramインフルエンサーの大田くるみさんに、投稿における日々の工夫や努力、またクリエイティブや投稿においてのこだわり、ノウハウについてインタビューしてみました。

▼プロフィール:大田くるみ(@kurumimi1113)
https://www.instagram.com/kurumimi1113/図1.png



毎日100枚以上の写真を撮影。世界観には徹底的にこだわる。

―まず、クリエイティブにおいてのこだわりや工夫はどんなことですか?

まずは頭の整理をして、どんな写真を撮るのか全体像を予めイメージしてから撮影しています。写り込む背景や色合いなどを考えながら、毎日100枚以上は撮影していますね。例えば1つの物撮りにしても、ベストな角度や方向があるのでいろんなパターンを何枚も撮影しています。

よく三脚も持ち歩いて、遠くから撮影したいときなどに使っています。タオルを重ねてその上に三脚をおいて絶妙な高さを調整したりと、実は結構アナログな感じで撮影したりしています。笑
図2.png
―特にこだわっているポイントは?

"世界観"には一番こだわっていて、特に「色」にはこだわりがあります。撮影時に着る服や、写り込む背景などの色合いは重要で、世界観を創る上での大きなポイントです。全体の統一感を出すことで自分ならではの世界観を発信していきたいです。
なので、イメージに合わないと感じる色や素材がいくつかあって、絶対に写り込ませないと決めています。たとえば「芝生」は、自分の思う世界観とはイメージが違うので背景として使ったりはしないです。

▼大田さんのアカウント。統一感ある色味で独特の世界観がある。

図4.png―画像を加工する際のコツや、お勧めのアプリはありますか?

加工に関しては、いつも同じアプリを使っているわけではないんです。その日の天気だったり、室内だと部屋の光加減やライトの色味など、その場で写った光の具合に合わせて、アプリも使い分けています。クリエイティブの統一には、複数の加工アプリを駆使し、世界観にマッチした1枚を作るのもオススメです。

個人的によく利用するのは「VSCO」という加工アプリで、今Instagramユーザーの間でも人気です。絶妙な質感が出せるので使いやすいです。ちなみに、イラストレーターも自分で購入しました。PCスキルがどんどん上がっていきます。笑
▼「VSCO」
・iPhone  https://itunes.apple.com/jp/app/vsco-cam/id588013838?mt=8
・Android https://play.google.com/store/apps/details?id=com.vsco.cam&hl=ja

また複数のアプリで加工を重ねていく場合、どうしても画像が荒くなったりするので、デジカメで撮影するとか、なるべく画質の良い鮮明な写真を撮っておく方が良いと思います。

ノートにコラージュして撮影構図をイメージ。センスを磨くには"知識"が必要

―最初は色々と試行錯誤しながらの投稿でしたか?

最初はいろんな人のアカウントを見てすごく研究しました。写真に関しては、プロのカメラマンさんとか専門家の方には技術ではどうしてもかないません。その分、圧倒的に研究して、情報をインプットして、知識を蓄積していくようにしています。"センス=知識"だと思っています。

よくやっているのがノートにコラージュしての研究です。例えば、人気のお出かけスポットでも、撮影する位置や角度で写真の印象は大きく違ってきます。撮った写真や画像素材を並べて見比べてみて、どの位置から撮ると自分のイメージや世界観に合った写真になるか、などを研究しています。

また、よくInstagram上で投稿されているフォトスポット(インスタ映えするオシャレな壁など)には、ほとんど行くことはなく、"いかにも"というような写真の投稿をしないようにしています。自分独特の世界観を発信したいので、まだ誰も見つけていないようなオシャレなカフェなど新たなスポットを発見して、それを投稿する方が好きです。
図7.png

―Instagramのインサイト情報などもチェックしていますか?

「もちろん、投稿後の反応の良し悪し、インプレッションなど投稿の分析は必ずしています。直近で人気が高かった投稿を並べて見てみると、傾向が見えてくるんです。

例えばコーディネートを紹介する写真だと、私の場合は全身を写した写真よりも、上半身のみを写した写真の方が人気が高い、などです。細かいですが、改めて並べて見比べると、予想外な結果があったりといろんな発見があります。

あとは、投稿時間に関しても、一番フォロワーさんに見てもらえる時間帯を把握しているので、意識してその時間帯で投稿するように心がけています。こだわって撮影した写真なので、なるべくたくさんの人に見てもらいたいなと思っています。

憧れの存在でありたい

あともうひとつだけ、撮影のクリエイティブ以外にも実はこだわりがあって。私はあえて"〇〇系のジャンルに強い"といったような特定のイメージを固めないようにしていて、ライフスタイルそのものを発信して伝えていきたい、というこだわりがあります。 "大田くるみ"として、憧れるような存在になりたいと思います。

最後画像.png

以上、大田くるみさんのインタビューでした。人気インフルエンサーは、自身のアカウントに対する想いやこだわりがあり、たくさんの研究・努力をしていることがわかりました。投稿画像の撮影や加工方法はもちろん、こだわりポイントなどもぜひ参考にしてみてください!