記事画像

人気インフルエンサーに調査「動画・静止画・ストーリーズ」投稿の使い分け

【インフルエンサーインタビュー】Vol.1

「大切なのはフォロワー視点」
Instagram「動画・静止画・ストーリーズ」投稿の使い分け
~人気インフルエンサーの工夫を公開~

現在、Instagramにおいて24時間で消える「ストーリーズ」への投稿が人気を集めています。画像投稿や動画投稿、また動画投稿でも「LIVE配信」など、多様な投稿が可能になった今、使い分けのポイントはあるのでしょうか?今回、投稿する内容や世界観への共感から多くのファンを持つ、Instagramの人気インフルエンサー3名に「画像」「動画」投稿の使い分けや、ストーリーズ、LIVE配信についてなど投稿時の工夫についてインタビューしました。


▼今回インタビューに協力してもらった3名
①「あや猫」さん(アカウント:@ayanekotan) ①あや猫ちゃんプロフ.png


②大田くるみさん(アカウント:@kurumimi1113)図1.png


③本多胡桃さん(アカウント:@kotohonda)
図2.png

画像(静止画)投稿について

・あや猫さん
「私はいつもコスメに関する投稿がメインなのですが、商品自体にスポットを当てたいときは静止画で投稿することが多いです。いろんな角度からの写真を複数枚、細かい部分も伝わりやすいように撮影しています。フォロワーは私に"フォトジェニックな写真"よりも、その商品のことがよくわかる"実物に近い写真"での情報を求めている人が多いので、正確な色合いがわかるとか、全体像が分かりやすいとか、詳細をきちんと伝えるときは画像投稿が適していると思いますね。」

▼商品にクローズアップした投稿例
図5.png

図4.png

・本多胡桃さん
「コーディネートをアップするときは、動画よりも静止画が適していると思っています。"このロケーションとこのコーデを合わせるから映える"といったような写り込む背景も重要だと思っているので、全体の雰囲気が伝わりやすい静止画で投稿しています。私のフォロワーは、世界観に共感してくださっている方が多く、写り込む背景や雰囲気がとても大切なんです。

もちろん動画でもコーディネートを伝えることはできますが、世界観のある1枚となれば、動画よりも静止画の画像投稿が喜ばれます。保存数も、服のアップを写しただけの写真よりも、背景や撮影した場所の雰囲気がわかるような写真の方が、よく保存されますね。」

▼世界観にマッチした背景
図2.png

・大田くるみさん
「私は、昔からブログをずっとやっていたのですが、その文化に慣れているということもあり、動画よりも画像投稿が圧倒的に多いです。商品などの詳細情報を伝えやすいと思います。」
図4.png

●画像(静止画)投稿のポイント●
・静止画での投稿は、商品のより"実物"に近い情報を、リアルに伝えることが可能。
・商品紹介を詳しく伝えるときは静止画で複数枚投稿すると伝わりやすい。
・背景や撮影場所を上手く利用することで自分のアカウントの"世界観"も伝えることができる。
・"フォロワーが期待していることは何か"を考えて常に投稿することが大切。


動画投稿について

・あや猫さん
「コスメを紹介する中でも、色づき、発色、ラメ感など、動きがある方が伝えやすいときに、動画を撮影して投稿します。例えば、ラメ感がポイントになるようなアイシャドウを紹介するなら、実際にメイクをしているシーンを撮影しながら、実際の仕上がりがわかるように紹介しています。リップなど質感も伝えやすいですね。投稿する中では一番動画が多いです。自然光で撮影することも重要なので、朝の外が明るいうちに撮影することも大事。メイク動画はいつも人気で、保存数も多いですし反応がとても良いです。

▼新作リップを使ったメイク動画図10.png


・本多胡桃さん
「画像だけでは伝えにくい時には、動画で撮影してアップします。商品の新作を詳しく伝えたいときなど動画にすることが多いです。また動画と相性の良い、メイク方法などコスメ関係の投稿が自然と多くなります。シートマスクを紹介するなど、ビフォーアフターを伝えたい投稿時に、動画は相性が良いなと思いました。早送りで編集をすれば、使用後までを魅力的に伝えることができるのでオススメです。」
図11.png


・大田くるみさん
「基本的に静止画での投稿が多いので、私の場合、動画での投稿は珍しく、アップすると結構レア感を感じてもらえます。フォロワーさんから"喋っているところは初めて見た!"と良いコメントをもらったり、たまに投稿すると評判が良いです。」
▼反響の良い動画投稿
図8.png

●動画投稿のポイント●
・動きのある方が伝えやすいものは動画で投稿(特にコスメ系は相性が良い。)
・"ビフォーアフター"を伝えるには編集可能な動画が◎!
・撮影する時間帯は「午前中の自然光」で撮影。


ストーリーズ・LIVE配信での投稿について

・あや猫さん
「URLで、リンクに飛んでほしいとき(オススメ情報や面白そうなキャンペーンがあるときなど)にストーリーズはすごく使えます!また、質問のDMをフォロワーさんからよくいただくのですが、同じ内容の質問もたくさんあったりするので、ストーリーで一気に返信したりしています。一方的な発信になるのはイヤでちゃんと返信してコミュニケーションをとりたいと思っているので、ストーリーズでの返信は便利です。質問をもらった内容は絶対に忘れないように!と思って覚ています。」

・本多胡桃さん
「ストーリーズと画像の投稿は、リンクさせて日時を合わせるように注意しています。あとは、ストーリーズでもやはり世界観を伝えられるようには工夫していますね。発信する内容は、動画の時と近いです。」

・大田くるみさん
「私もURLで何かお知らせしたいときにはストーリーズで投稿するようにしています。ライブ配信については、クイックにできるところが良いと思っています。またメッセージももらいやすく1回の動画配信で「今日の服はどこのブランドのものですか?」という質問が50回以上きたこともあります!"リアルな今"って、やはり興味をもってもらいやすいポイントなんだと思いました。」

まとめ

今回のインタビューでは、静止画や動画の特性を活かし、また投稿する内容との相性などを考えて投稿の使い分けを行っていることがわかりました。また自身のフォロワーに対して、どんな投稿が1番喜ばれるのか、何を期待しているのかなど、フォロワーのことを一番大切に考えているようでした。また最近注目が集まる「ストーリーズ」においては、リンクを貼ることができることから、ブログやHPに飛ばすなど、他のサイトへの誘導手段としての活用が有効のようでした。フォロワーとのコミュニケーションもとりやすくなり、かつ本当にコアなファンを増やすことに有効なのかもしれません。