【主要SNSの基本操作まとめ】Instagram・Twitterの投稿方法・基本用語を徹底解説

今や企業のマーケティング活動に欠かせないSNS。今回は、今さら聞けない、けれどもしっかり押さえておくべき基本的な投稿方法や、基本用語の解説を行います。
ぜひ参考にしていただき、それぞれのSNSで効果的な配信を行ってユーザーとのコミュニケーションを創出しましょう。

  1. インスタグラムの投稿方法・基本用語
  2. ツイッターの投稿方法・基本用語

1.インスタグラムの投稿方法

フィード投稿(静止画)

iPhoneまたはAndroidアプリからインスタグラムアプリにログインします(閲覧のみの場合、PCからも可能)。投稿するデータは①ライブラリ②写真③動画の3種類から選択できますが、今回は最もポピュラーなライブラリからの投稿方法をご紹介します。

  1. 画面下部中央にあるプラスボタンをタップし、ライブラリを開く。
  2. 投稿したい写真/動画を選択する。
  3. 右上の「次へ」をタップし、フィルター適用や色調補正を行いたい場合は適用する。10種類以上のフィルター、編集ボタンでは「サイズ」「明るさ」「彩度」の調節もできます。
  4. 右上の「次へ」をタップし、「キャプションを書く」とあるエリアに文字やハッシュタグを入力する。他のアカウントのタグ付けや、場所を追加したい場合は適用する。ハッシュタグは1投稿につき最大30個までつけることができます。また、Facebook / Twitterなど他のSNSに投稿をシェアすることも可能です。
  5. 右上の「シェア」をタップし、投稿完了。

<画像サイズを調整する場合>
赤い丸で囲んでいるボタンをタップし、正方形or長方形を選択する。もしくは選択された写真をピンチイン・ピンチアウトすることで拡大縮小する。

<1回の投稿で写真/動画を複数投稿する場合>
黄色い丸で囲んでいるボタンをタップし、投稿する画像/動画を選択する。写真と動画を最大で10個までアップロードして、フィードで1つの投稿としてシェアできます。

②フィード投稿、IGTV(動画)

  1. ライブラリまたはカメラから投稿したい動画を選択するのは一緒ですが、1秒〜60秒までの長さ調整を行うことができます。また、「カバー」ではプロフィール画面で見た時のサムネイルを決定することができます。
  2. 60秒以上の動画を投稿する場合は、IGTVに動画をアップロードします。シェア方法を「長尺動画」を選択します。

3.「プレビューを投稿」を押すと、最初の15秒がフィードとプロフィールでシ ェアされます。プレビューを投稿することを選択した場合は、[プロフィールに表示するカバー画像を編集]をタップして、プロフィール上でIGTVのカバー写真をどのように表示するかを調整できます。

ストーリーズ投稿

  1. ログイン後の画面を左にスワイプし、ストーリーズの編集画面を開く
  2. カメラが起動されるので、そのまま撮影を行う。

<ライブラリの写真/動画を投稿したい場合>
赤い丸で囲んでいる部分をタップし、投稿したい写真/動画を選択する。

3.装飾を行いたい場合は、上部のアイコンから行う。ハッシュタグやアカウントのタグ付けもできるので、ぜひやってみましょう!
右から3番目のスタンプボタンを押すと、gifスタンプやミュージックスタンプ、アンケート機能や質問箱が使用できます。
4.左下の「送信先」をタップし、「シェア」をタップする。宛先を指定すれば、個別のアカウント宛てに送ることも可能です。また、「親しい友達」リスト登録した友達だけにシェアすることもできます。
5.下部の「完了」をタップし、投稿完了

Instagram画像、動画サイズについて】

ヘルプセンターによると、フィード・ストーリー投稿に最適な画像サイズは2020年5月現在、以下になっています。

<静止画>
フィード:最小解像度: 600 x 500ピクセル、最大解像度: 1,936 x 1,936ピクセル推奨サイズは1,080 x 1,080ビクセル(アスペクト比1:1)
横長の場合、1080×566ピクセル
縦長の場合、1080×1350ピクセル

ストーリー:最大解像度: 1,936 x 1,936ピクセル、最小解像度: 600 x 750ピクセル
推奨サイズは1,080 x 1,350ピクセル
アスペクト比:1.91:1~4:5

<動画>
・フィード
長さ:3秒〜1分まで。ストーリーは1投稿あたり最長15秒まで。
アスペクト比:1.91:1~4:5
ファイルサイズ:最大4GB
ファイルタイプ:MP4(フィード・IGTV共通)

・IGTV
長さ:モバイルデバイスからアップロードする場合は15分まで。ウェブからアップロードする場合は60分まで。
アスペクト比:9:16の縦型動画か16:9の横型動画
ファイルサイズ:長さが10分以内なら650MB、それ以上(最長60分)なら3.6GBまで。
解像度:フレームレートは30 FPS (1秒当たりのフレーム数)以上、解像度は720ピクセル以上。
カバー写真の推奨サイズ:420ピクセルx654ピクセル(またはアスペクト比1:1.55)。現時点では、アップロード後にカバー写真を編集することはできません。

【インスタグラム基本用語】

「いいね」
投稿に対してユーザーがいいねと感じた際に押す機能。ハートボタンを押すことでいいねが付けられます。現在、他のユーザーについた、いいねの数は非公開になっています。自分の投稿についた、いいねの数は、ビジネスプロフィールにすると閲覧できます。

「リポスト」
他のユーザーの投稿を、自分のアカウントで投稿する行為。インスタグラムの公式アプリにはリポスト機能がないため、他のアプリを利用して投稿します。。

「ハッシュタグ」
投稿内に記載する「#」を含んだ単語。ハッシュタグはリンクになっているため、ハッシュタグをタップすると、そのハッシュタグを付けて投稿された写真/動画をまとめて見ることができます。1投稿に付けられるハッシュタグは最大30個まで。

「タグ付け」
他のアカウントを自分の投稿にリンク付けすることができます。投稿が行われると、タグ付けされたアカウントに投稿がアーカイブされます。タグづけをされたユーザーに通知がいくようになっています。

2. ツイッターの投稿方法・基本用語

今回は最もポピュラーなiPhoneまたはAndroidのアプリ、PCからtwitterにログインしてツイートする方法をご紹介します。

  1. ホームタイムライン上部にあるツイート作成ボックスに、またはナビゲーションバーにあるツイートボタンをタップしてツイートを入力します(140文字以内)。
  2. ツイートには画像最大4件、gif画像1件、または動画1件を追加できます。
  3. ツイートボタンをクリックして、ツイートします。

2020年5月29日、Twitterブラウザ版でツイート予約投稿が可能になりました。
参考:TwitterSupport 2020年5月29日のツイートhttps://twitter.com/TwitterSupport/status/1266081598748925961?s=20

<予約投稿方法>

  1. Twitterブラウザ版でツイート画面を開き、テキストを打ち込みます。
    5つ並んでいるアイコンのうち、一番右のカレンダーマークをクリックします。

2.「予約設定」画面で投稿したい日時を指定し、「確認する」をクリック。

3. 元のツイート画面に戻り、「予約設定」をクリックすると設定完了です。
指定した日時になると自動的にツイートされます。

「未送信ツイート」から、下書き保存したツイートや予約設定したツイート一覧を確認することができます。

【Twitterの最適な画像・動画サイズについて】

通常ツイートの場合、1ツイートあたり最大4枚まで画像投稿ができます。

画像投稿(1枚)
画像サイズ:横600×縦335ピクセル以上。大きい画像(横1200×縦675ピクセルなど)を使った方が、利用者が画像を拡大したときに精細に表示されます。
縦横比:横16:縦9
画像ファイルサイズ:twitter.comでは最大15MB、ads.twitter.comでは最大3MB
ファイル形式:PNG、JPEG、GIFがおすすめ(BMPとTIFFは使用不可)

・画像投稿(複数)
画像サイズ:横600×縦335ピクセル以上。大きい画像(横1200×縦675ピクセルなど)を使った方が、利用者が画像を拡大したときに精細に表示されます。
縦横比:
画像が2つの場合は、どちらも横7:縦8の縦横比で左右に並べられます。
画像が3つの場合は、左側に横7:縦8の画像が1つ、その右側に横7:縦4の画像が上下に2つ並べられます。
画像が4つの場合は、それぞれ横2:縦1の縦横比で上下左右に並べられます。
画像ファイルサイズ: twitter.comでは最大3MB、ads.twitter.comでは最大1048KB
ファイル形式:PNGとJPEGがおすすめ(BMPとTIFFは使用不可)

・動画(プロモビデオ)
ファイルサイズ:最大1GB
動画の長さ:2分20秒以内(一部の広告主は、最長10分まで延長できる場合があります。)
縦横比:横16:縦9、横9:縦16、または横1:縦1(正方形)
動画解像度:720×1280(縦長), 1280×720(横長)、720×720(正方形)
ファイル形式:MP4またはMOV

【ツイッター基本用語】

「リプライ」
ツイートに対して返信する機能。「リプ」と略して呼ばれることもある。

「リツイート」
気に入ったツイートを自分のタイムラインに流せる機能。操作はリツイートボタンをタップするだけ。リツイート回数はツイート下部に表示される。

「引用ツイート」
気に入ったツイートにコメントを付けてツイートする機能。操作方法はリツイートと同じく、自分のコメントを追加してリツイートボタンをタップするだけ。


いかがでしたでしょうか?
今回は、今さら聞けない、けれどもしっかり押さえておくべき基本的な投稿方法や、基本用語の解説を行いました。

サイバー・バズでは各SNSの特徴を生かした企業SNSアカウントの運用やコンサルテイングも行なっています。 運用にお困りの方、これから始める方は是非お問い合わせくださいませ!
https://www.cyberbuzz.co.jp/snsaccount/