BLOG公式ブログ社員紹介

 

<19年度内定者ブログ第6弾>急がば回れ!ひとつひとつの「信頼」を積み重ねて、縁の下の力持ちを目指します。

皆さま、初めまして!

サイバー・バズ2019年度新卒内定者の 櫻井 結菜(サクライ ユイナ)です。
今回は、自己紹介とともに内定者・内定者アルバイトという視点からみたサイバー・バズをお伝えするべくブログを書かせていただきます!

自分について
私は現在、品川にある清泉女子大学の4年生です。大学では主に専攻の文学と司書教諭、中高の教職課程の勉強をしています。ここまでだと勉強浸けの学生生活だと思われそうですが、私の大学生活4年間のハイライトはアルバイトとサークル活動です。基本的に常時最低3つはアルバイトを掛け持ちしています。なぜそんなに多くアルバイトしていたかというと、"やりたいこと"を漠然と頭の中だけで探すのは限界があると思っていたからです。

・アルバイトについて
「自分が何をしたいのか分からない...」就活生なら一度はそんな悩みを持った経験があると思います。「自分に何が合うのか」「自分は何に興味あるのか」それを探すには行動するのが1番手っ取り早いと思ったので、飲食から金融までいろんな職種でアルバイトやインターンをしてみました。「やってみなきゃわからない!」精神です。何もせずには、やりたいこと・好きなこと・得意なことが見つかるはずないと思います。私は、3年間で10種類以上のアルバイトを経験しました!その中で"やりがい"と"楽しさ"を感じたのは、美容メディアでコスメの記事配信をする「美容ライター」やFXレポートを配信する「金融アナリスト」などの情報を届ける仕事でした。

・ECサイトの運営(サークル活動)について
私は学外のサークルで、企業に出資をしてもらいながら小売のブランドを設立し、女子大生8人で商品企画からECサイト運営、配送を行っていました。その中で私は、商品企画とデザイン入稿、バナー制作、SNS運用を担当。毎月商品を考案していましたが、作ってサイトに商品をアップするだけでは当然売れず......試行錯誤する中で「SNS」を活用することにしました。SNSを上手く運用することで届けたい人に情報が届き、売上もちゃんと伸びることを実感しました。

これらの経験がきっかけで、SNSやメディアで情報をしっかりターゲットに届けることの大切さを知り、また、この境域の今後の可能性に興味を持ちました。
こうした学生時代の経験が私の就職活動の軸に繋がり、サイバー・バズを選んだきっかけになっています。

image1.png

image3.png

(担当商品と担当SNS施策の一部)


就職活動について
私の就職活動は「IT」×「メディア」事業がある会社に絞っていました。
その中で会社選びの軸として1つ決めていたことがあります。
それは「私の考え方を一度受け止めて貰えるかどうか」です。
私が「学生時代力を入れたこと」はSNSでした。個人のSNSは自分の個性があらわれるものだと思っているので、面接では見せない素の自分がいると思います。自分ではこの素の自分を見てもらえればなぁと思っていたのですが、そんな時にタイミング良く「インフルエンサー採用」(SNSのいいね数に応じて書類選考スキップや即最終面接に進める選考ルート)に出逢いました!
SNSでの活動にもフォーカスしてもらったことで、「就活を意識した自分」ではなく、「日常的な自分」を伝えることができ、ミスマッチを防ぐためにも良かったかなと思っています。

※「インフルエンサー」とはSNSで影響力を持つ人のことを言います。「インフルエンサー採用」はインフルエンサーとして働くための採用ではありません。インフルエンサー事業を展開するサイバー・バズで、インフルエンサーとしての経験を活かせるからこその総合職の選考ルートです。


内定者アルバイトの内容
私は現在、社内報作成のアルバイトをしてます。
社内報とは社内広報を行うために制作された媒体で、サイバー・バズでは2018年11月号から紙媒体ではなく、WEB版に変わりました。
週3日勤務の2週間で、社員インタビューの依頼から撮影まで各コンテンツ制作を一通り行います。
image5.jpg

〇1日のスケジュール例
10:00 出社、PC環境設定
10:10 MTG
10:30 依頼リスト・依頼メール作成
11:40 依頼メール送信
[12:30〜13:30] ランチ
(※ランチタイムは自分のタイミングで1時間取ってOKです☆)
13:30 TOPバナーや差し込み画像等のコンテンツ制作
17:00 撮影で本社オフィスへ
17:30 素材撮影
18:00 素材作成、日報報告
19:00 退社

社内報作成では本当にたくさんの社員の方に協力していただく為、入社前にひとりひとり名前と顔、部署や役職まで覚えられるのが個人的にとても嬉しいです。
また、インタビューを通して皆さんの熱い想いや意外な一面に触れることができました。
社外には出ない社内報ですが、「ビジョンの共有と浸透」や「社内コミュニケーション促進」のきっかけとなるようなメディアを目指して試行錯誤しています。

image4.png

(実際に前回発案・企画したコンテンツの一部。アルバイトでも意見をしっかり受け止めていただけます。)


実際に感じたバズの雰囲気
サイバー・バズの内定者として1年経った今、感じてる会社の1番の魅力は「あたたかさ」です。仕事は1人では出来ないと思うので社内環境や人間関係は仕事をする上で、とても大切だと感じます。サイバー・バズでは内定者もアルバイトも、総会や忘年会に参加できます。私は少し人見知りなので参加はするものの、いつもおどおどしてしまいます。そんな時も人事の方や先輩、社員さんの方から「話したい人いる?」などと声をかけてくださることも多く、会社全体として「あたたかな雰囲気」を感じています。


決意表明
入社後は、まずは社内で認められる存在になりたいと思います!
私がサイバー・バズを選んだ決め手はやはり「若手でも任せてもらえる環境がある」ということが1番なので、その環境を生かすべく沢山の経験を積みたいと思っています。
経験を一過性にせず、きちんと自分で考え前へ進むことを繰り返して、自分の価値は自分で創りあげることの出来る人間になりたいと思います。
その為にひとつひとつ丁寧に「信頼」を積み重ねていくことを心掛けていきます。


サイバー・バズを検討している学生に一言
ここまで読んでくれた学生さんはきっとサイバー・バズに興味を持ってくれていると思います。私も1年前はそうでした。「どんな会社だろう?」「どんな人が働いているのだろう?」会社概要だけでは分からない部分の情報を求めて、ブログやSNSを見ていました。
1年だけ先輩のアドバイスとして言えるのは、就職活動において、大切なことは、「自分で考えて、自分で動いて、自分の言葉で伝えることが大切」です。そうすれば、きっと自分に合った会社が見つけられると思います。サイバー・バズはしっかりあなた自身を見てくれる会社なので、ぜひ等身大でチャレンジしてみてください!