BLOG公式ブログ人事

 

≪内定者リレー≫現状に満足しないハングリー精神を持ち続けます!

「(黙ってられない)18卒」というのは、内定者自身で同期を表した言葉。内定者の価値観や就活、これからを、内定者自身に順番に語ってもらいます。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

★「(黙ってられない)18卒」とは?★
一見、個性が強くてバラバラなイメージの18内定者。
意志が強く、言いたいことをしっかり持っている。
ただ、猪突猛進ではなく、客観的に物事を観れる協調性もある。
だから、「(黙ってられない)18卒」。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

出身は東京都世田谷区。幼少の頃から活発的でスポーツ一筋、アクティブに様々な事にチャレンジしてきました。

―私の歴史と価値観

好きをとことん突き詰める。これだ!と決めたものは自分の納得いくまで追求し続ける。そんな性格です。ダンス歴20年。舞台女優の叔母に憧れを抱き、3歳からクラッシックバレエを始め、水泳、バスケ、チアリーディング、GirlsHipHop、JAZZ等々を行ってまいりました。

大学に進学してからも私のダンス熱は冷めることなく、叔母のような輝ける人物像に憧れを抱いたままダンスサークルに所属をしました。サークルでは練習のみならず定期公演に向け自分たちで舞台づくりをしなければなりませんでした。舞台を一から作り出すのです。証明、音響、舞台美術、物語、衣装、、全て自分たちの手で。 いつも恵まれた環境でダンスを踊ってきた私はこのような経験は初めてで様々な思いと葛藤しながら過ごす日々でした。舞台が成り立つのか不安で家に帰ればため息ばかり。そんなときに母に言われた一言。「嫌なら辞めちゃいなさい」心に突き刺さりました。ダンスが好きなのに環境のせいで逃げたくない。辞めたくない。そんなに納得がいかないのなら自分が行動を起こしてこのサークルを変えよう!そんな思いが私のやる気をONにしました。

12月にある定期公演。私のダンス生活の集大成。物語の主人公を務めさせていただき、公演は成功、大きな達成感に包まれました。改めてダンスが好きだという事、見えないところでの努力、環境に甘えてはいけない事、納得行かないならとことん追求!という価値観が自分自身にとって重要な事なのだと感じました。

2枚目.jpg

―サイバー・バズとの出会い

人生何があるかわからない!私とバズの出会いは私のアルバイト先の焼肉屋でした。5年間働いたアルバイト。バイト中にお客様に声をかけて頂けることも多々あり、私は兎に角いろんな世界を見たいと思い就職活動も幅広くしました。私の軸は、誰とやるか、チャレンジできる環境があるか、同じ方向を向いている仲間と日々切磋琢磨し成長できるかの3つでした。

何社か内定も頂き、バズの皆さんがお店に来てくれた次の日には他の会社の内定承諾書にハンコを押しにいくと決心していました。ですが、お店でサイバー・バズの皆さんのお話を聞き「私もバズで働けたら楽しいだろうな」「自分らしくいられそうだな」「こんなステキな人たちと一緒に働きたい」と直感的に思いました。そしてすぐに行動に移しサイバー・バズの選考に進み、こうして内定を頂く事が出来ました。自分の大切にしていた軸とリンクし、納得いく進路に進む事が出来たと思っています。

3枚目.jpg

―これからについて

私はこれから社会人として人との繋がりを大切にし、とことん追求し続けるハングリー精神を常に持ち続けたいです。サイバー・バズの誰とやるかを1番大切にしているという言葉は就活中の私にはとても心に響くものでした。私とサイバー・バズを繋いでくれた出会いのように社会でも人との繋がりは大切にしていきます。いまの環境に満足せずやりたいと思ったことはとことん追求し経験をどんどん積み重ねていきたいです。アルバイト先で培った決断する覚悟、感謝する心を常に持て!という言葉もこれからの社会人生活に活かしていきます。思いを形に、行動に、表現できるよう初心を忘れず精進していきます。