BLOG公式ブログ社員紹介

 

<内定者リレー>潜在的ニーズを満たせる人になりたい。

本日からスタートする、「(黙ってられない)18卒」内定者リレー。

「(黙ってられない)18卒」というのは、内定者自身で同期を表した言葉。
内定者の価値観や就活、これからを、内定者自身に順番に語ってもらいます。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
★「(黙ってられない)18卒」とは?★

一見、個性が強くてバラバラなイメージの18内定者。
意志が強く、言いたいことをしっかり持っている。
ただ、猪突猛進ではなく、客観的に物事を観れる協調性もある。
だから、「(黙ってられない)18卒」。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

ーとにかく何にでも挑戦してみたい

昔から好奇心旺盛で何かにチャレンジすることが非常に好きなタイプです。リーダー役も人生の中で本当に多く経験してきて、なんと幼稚園の頃から園児代表挨拶をしていたほどです(笑)チームやクラスのみんなをまとめたり、過ごしやすい楽しいと思える場の空気をつくるのが好きで、初対面の人と打ち解けることにはかなり自信があります。大学生活でも、人に勧められたものは何でも試してみる。誘われたらとにかく行く行く行く!と、好奇心と、とりあえずやってみようの精神があまりにも強すぎて、大学1年生次は1ヶ月の中で家に丸1日いる日がないことも多々ありました。

永井さん写真.jpg

自分の中で特に大きかったなと思う経験は、"経営哲学を学んだこと"と"長期インターン"でした。"経営哲学"においては、経営のゼミナールを専攻していて、そこで学び、大学生活の後半はもっぱらゼミに捧げていました。小難しい過去の経営者たちの思考を深く読み解いていくということをしていて、本質に迫る力が身についたと思っています。"長期インターン"は、本当に社長との距離感の近いベンチャー企業でメディアの取材・ライターをしていました。30社以上の企業を取材して、視覚的に伝える写真中心のメディア記事を書いたり、社長と一緒に今後の方針や現状の改善点などを話し合ったりしていました。

ーバズを知ったきっかけ

そんな私が始めにサイバー・バズを知ったきっかけは、「人事のバイト興味ない?」ともともとインターンをしていた会社の社長から言われたことでした。当時2017年1月、就活真っ最中だった私は、人事!?興味あります!やりたいです!!そういって新卒採用のお手伝いとしてバイトを始めたのがサイバー・バズという会社でした。人事のバイトでは、様々な仕事を任せて頂き、"企業から見た就活生"という今までになかった視点を持つことができ自身の就職活動にも非常に役立ちました。中でも積極的に就活生としての意見を発言したり、とにかく与えられた課題や現状の問題に一生懸命取り組みました。その姿勢を買ってもらえたのか、2019卒向けの夏季インターンの企画も担当させて頂き、非常に貴重な経験をしました。

ー就職先にサイバー・バズを選んだ理由

人事でアルバイトをしていたから。というのももちろん理由の一つとしてあるのですが、その中から見えてきたバズにしかない社風が、自分が望んでいる環境に近いのではないかと感じたからです。先ほども話したように私は好奇心旺盛で、とにかく何でもやってみたい、挑戦してみたいというタイプです。そのため、人事でただのアルバイトであるにも関わらず企画を任せてもらえたことで、「この会社には、挑戦できる環境が沢山あるのではないか」と強く感じました。しかしながら、他社からも内定をいただいていたので、正直自分の将来を大きく左右する就職先を決める、という決断に非常に悩んでいました。内定先から決断を催促され、早く決めなければならないと焦っていたそんな時、サイバー・バズの子会社の社長の宮本さんに「まだ少しでも迷っているなら、自分が納得いくまで絶対じっくり考えたほうがいい。そうしないと絶対に後悔するから」とズバっと言われました。親身に、そしてストレートに助言してくれた、利害なしの体当たりの姿に感銘を受けました。
"挑戦"、"人"、私がこの会社で働きたいと思った理由はこの2つです。
本当はもっともっとバズの良いところはあるのですが、書ききれないので意思決定した時に大きく影響した2つを挙げました。
一つ確実に言えることは、内定が決まり、その後もアルバイトをしているのですが、「バズにしなければよかったな」と思ったことが一度もないということです。またアルバイトをしているとよく社員の方々が「最近どう?バイトは楽しめてる?」と声をかけてくだるこの会社の雰囲気もとっても好きです。楽しく働けているかということを社員の皆さんが重視しているのが伝わってきます。

最後に、そんな私自身がサイバー・バズで成し遂げたいこと。

それは潜在的ニーズを満たせる人になることです。クライアントや仕事仲間に「そうそうこれが欲しかったんだよね」と言われるような、常に相手のニーズに気付けてかつそれを具体的に満たしにいけるような人材になりたいです。