BLOG公式ブログ人事

 

内定者目線の『赤裸々サイバー・バズ』

こんにちは!

2017年度入社予定の新井です。

16176573_881690155268089_180530697_n.jpg

2017年1月中旬から1月末まで、

2週間だけ、内定者アルバイトをしていました。

既に2018年度入社の新卒採用が始まっているということで、

今回は就活活動中の方々の参考になるよう

自分が就活時代に知りたかったけど知らなかったあれこれを書きます。

もちろん!

私もまだ内定者の立場なので

ほんの一部分にすぎません。

それでも、社内の雰囲気が少しでも伝われば幸いです。

まず、内定者アルバイトは Mustでは全くありません!!!

きっと就活生のなかには、内定したらオワハラされるんじゃないか...

(「オワハラ」とは、「就活終われハラスメント(オワハラ)」の略です。)とか

内定者はアルバイトしなくてはいけないの?

なんて、不安に思っている人もいるかもしれません。

ご安心ください!!!そんなことないです、自由です(笑)

私は入社するまでは

「学生生活中は、楽しんで遊びつくしたい‼」派で

内定者アルバイトをする同期の話を聞いてはいても、

自身がアルバイトをするつも
りは全くありませんでした。

そんな私が、なぜ内定者アルバイトしようと思ったのか

その経緯をお話しします。


内定式も終わり、学生生活も残り3ヶ月になるころ、

人事の斎藤さんから内定者のグループメッセージにこんな連絡が入りました。

ブログ用画像.jpg

不定期ですが、内定者向けのアルバイト求人が人事からたまに紹介されます。

(小林ちゃんは同じく内定者の同期です)

このメッセージをみた私。

内定はいただいたけど...

正直バズで働くイメージ湧いてないしなあ...

でも長期アルバイトは気が進まない。

だけれど...バズで働くイメージも明確になっていないのに

このまま4月から入社して、本当にいいのかな?

という漠然とした不安が以前からありました。

そもそも、私、本当にバズでやっていけるのか???(ゆとり学生の代表みたいな者なので)

......ん?待って。1ヶ月に10回程度出勤すればいい?!?!

社内報制作ってことは

社員さんと関わる機会が多そうだし、

確実に今よりも会社のことを知れる、

働くイメージが沸くかも!!!

卒業旅行までにお金も貯めたいことだし(時給ちゃんと支給されます)

日中時間あるし、

せっかくだから「プレ、社会人生活」やってみようかな♪

ということで早速、人事担当の斉藤さんに連絡。

ブログ用画像2.jpg

このような経緯で、

広報担当の名井さんのもと

2月発行予定の社内報制作をさせていただくことになりました。

人事の斎藤さんには、会社のことだけでなく、引っ越しについて(会社の最寄り駅から2駅圏内でれば毎月3万円の家賃手当がもらうことができます)も教えていただいたり、

これから自分がやってみたいことに対して、働く女性目線でアドバイスをくださったり

現在もプライベートな相談もさせてもらっています。

とにかく親身に考えてくださり、相談しやすい人事No.1です!!!!


早速始まった内定者アルバイト。

ある日、19時(定時)になったので帰ろうとしていたところ

人事の斎藤さんと高村社長の会話が耳に入ってきました。

盗み聞きですね(笑)

斎藤人事「高村さん(社長)!!!先ほど、お手洗いへ行ったら今日シューイチの山田さんたちとすれ違いましたよ♪
みんなバラバラの予定があるみたいなんですけど、嬉しそうに退社していきました!

私もいつシューイチ使おうかな~♪」

高村社長「おっ!いいね~。社内にシューイチ浸透させていこう!!次回のJJJ会議も楽しみだな。」

※「シューイチ」とは

先日JJJ会議で決まった女性社員全員が対象で、一週間に一度、好きな日程で18時に退社する制度のこと。

JJJ会議とは、

バズの女性メンバー全員が参加し、

自分自身の将来に向き合いながらバズをより働きがいがありもっと成果をあげやすい環境にしていくための会議のことだそうです。(詳しくはこちら『<レポート>JJJ(女性版自考自創)』 )

私(え、社長さんが、社員の休むことを推奨している...?!?!!!!!!!!

それに、山田さんって

昨年の総会でMVPも受賞していた、綺麗で優秀な営業の社員さんだよね。)

o0480036013412953107.jpg















(営業の山田さんです。高村社長のブログから画像を拝借しました。)

この会話を聞いて驚いたことがもう一つ。

社内制度が決まってから

実行までのスピードです!!!

女性が働きやすい環境作りといって

会議して、○○制度ができたとしても

実際利用できるの?????!!!!

というイメージを持っていたので驚きました。

なによりも、組織の中核を担う社長さんが、

女性が働きやすい環境作りに向けて前向きだということ、

地位・役職関係なく、自分の意見に耳を傾けてくれる環境であるということ

そして、「いつか」ではなく実現化のスピードが早いということ!!!

ジブリ作品『もののけ姫』のアシタカがタタラ場で働く女性をみるシーンで

「いい村は女性が元気だと聞いています。」と言うように、(若干ヲタク入っています)

女性が活き活きと働いている会社は、

きっと会社全体も、活気づいていくものだと信じています。

そして私も女性が活き活きと働ける会社の

一員になりたいと考えていたので

安心しました。


勤務中、社内をみても

たしかに、バズは毎日定時ピッタリに帰宅している社員さんは男女ともみられません。

でも、社内制度を積極的に利用して、自分の体調と相談しながら

仕事するときはとことん仕事する!

休むときは休む!

といったようにONとOFFの切り替えが上手な社員さんが多い印象を受けました!

このバランスを上手くとることが

きっと仕事もプライベートも充実させる秘訣なのだろう...

とはいえ、これはなかなか難しい技術だとは思います。

私自身、スイッチの切り替えコントロールが人一倍、苦手なタイプなので

自分が苦手なことが、できる人の多い

バズという場所に身を置くことで

いきいき働くスタイルの先輩社員をお手本に

自分自身に取り入れていくことができると考えています!!!


また、斎藤人事と高村社長の会話場面からもうかがえるように

高村社長は日々お忙しいなかでもふら~っと社員の席に行って

社員とコミュニケーションをとったり、

高村社長のブログを読めば、いかに社員をよく見ているのか、社員に対する愛情も伝わってきます。

就活生のみなさんは

企業研究がてら、チェックすると勉強になると思います。

私も就活していたころから

会社を知る

そこで働いている人を知る

という上で、参考にしています。



最後に、

短期間ではありましたが、内定者アルバイトを通して

社員の方々とじっくりお話しをして、知る機会が多くありました。

働く先輩社員の様子を身近で拝見させていただいたことによって

自分が働き始めたら1日の流れはきっとこんなかんじ。

といったような

入社後、働くイメージがかなり具体化されました!


また、社内報制作では

名井さんが、忙しい社員の負担が最小限におさまるようスケジュールを組み

社内報制作でのインタビューの際にも、

社員が話しやすい空気をつくりながら行っていました。

依頼をする際の立ち振る舞いや、一緒に働く社員に対しての心遣いが

当たり前のようにできる名井さんからは、バズ社員としてのありかたを学びました。

そして、お忙しいながらも嫌な顔一つせず協力してくださったバズ社員のみなさまには感謝しています。
私もバズの一員になったら、たとえ余裕がないときでも、心を持って人と接することができるよう、精進してまいります。


長くなりましたが、

ご一読ありがとうございました。