INFORMATIONお知らせ

「認可外保育園補助」「キッズ在宅」導入のお知らせ

株式会社サイバー・バズ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:高村彰典、以下「当社」)は、パパ・ママ社員(正社員・契約社員)を対象にした、新たな人事制度「認可外保育園補助」と「キッズ在宅」を導入したことをお知らせいたします。

◆新たな人事制度について

・認可外保育園補助
認可外保育園・認証保育園に入れないために仕事復帰ができない社員を対象に、高額な認可外保育園料の一部を会社が負担する制度。認可・認証保育園と、認可外保育園の保育料差額をベースに、補助金額を負担いたします。

・キッズ在宅
子どもの急な発病による看護や、登園禁止期間などで出社困難な場合、在宅勤務ができる制度。当日の取得が可能です。

◆制度導入の背景
 現在、認可保育園の入園倍率は非常に高く、特に都市部においての待機児童が問題となっています。その中で、当社のパパ・ママ社員も保育園から内定を受けるには、非常にハードルが高くなっているのが現状です。認可保育園に入れなかった場合、選択肢として認可外保育園がありますが、保育料が高額なことから、入園に踏み切ることができないといった判断も想定されます。今回の「認可外保育園補助」制度を通じて、補助金を負担することにより、社員の早期職場復帰を促進いたします。また「キッズ在宅」に関しても、突発的に起こる子どもの発病などに即時で対応することができ、無理なく自宅での勤務が可能になります。

 当社の社員平均年齢は28歳と、これからライフイベントを迎える社員が大半です。その中で、パパ・ママになっても、長期で働き続けることができるように、今回の2つの制度導入に至りました。「助っ人採用(副業採用)」や「JJJ会議(女性社員限定参加、働きやすい環境を創り出すための会議)」なども含め、多様な働き方に対し柔軟に対応する取り組みを今後も取り入れていくことで、社員全員が最大限に力を発揮し、働くことのできる会社を目指して参ります。

■本件に関するお問い合わせ■
株式会社サイバー・バズ 広報
Tel:03-5784-4113  E-mail:kouhou@cyberbuzz.co.jp