INFORMATIONプレスリリース

ドクターズミー、市販薬の情報提供を開始~飲み合わせや副作用への疑問も解決 薬剤師へのネット相談で、市販薬選びがより安心に~

株式会社サイバー・バズ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:高村彰典、以下「当社」)は、運営する医療・健康に携わる専門家による総合ヘルスケアメディア「Doctors Me(ドクターズミー)」において、ユーザー向けの一般用医薬品(※1)データを、2016年6月1日より提供いたします。
(※1)医師による処方箋を必要とせずに購入できる、一般の人が薬局などで購入できる医薬品のこと。

kusuri.jpgのサムネイル画像

1.概要
当社が運営する、医療・健康に携わる専門家による総合ヘルスケアメディア「Doctors Me(ドクターズミー)」において、ユーザー向けの一般用医薬品データを、2016年6月1日より提供いたします。ユーザーは、検索または「かぜ薬」「胃腸薬」「下痢・便秘薬」「にきび治療薬」など31の薬カテゴリから、欲しい一般用医薬品の情報を探すことができます。さらに、「Doctors Me(ドクターズミー)」に参加する医師や薬剤師に対し、薬に関する相談を同サイト上で行うことができるため、ユーザーは、薬の副作用や飲み合わせについて理解を深めながら、自身の症状や目的に合った一般用医薬品を選ぶことができます。

特徴(一般用医薬品データページ)
(1)薬剤師による各薬カテゴリの説明(上手な選び方・使い方、飲み合わせ、注意点など)情報を掲載。
(2)「薬検索」ができ、かつ、病名ページにも関連する薬情報を一部掲載。
(3)一般市販薬の選び方や飲み合わせなど気になることがある場合には、「Doctors Me(ドクターズミー)」の医師・薬剤師(有料)にオンライン上で直接相談(※2)することが可能。妊娠中の薬の選び方、成分に関する注意点など薬剤師が回答。
(※2)月額300円(税抜)で、スマートフォンやPCから医師・歯科医師・薬剤師・栄養士・獣医師に何度でも相談することができます。

2.サービス提供の背景
「Doctors Me(ドクターズミー)」は、「安心をもっと身近に」というコンセプトのもと、医師に直接相談ができるQAサービスとして2013年にサービスを開始し、IT分野における医療領域の中でも、より日常的な健康に関する疑問や悩みの解決にフォーカスして展開を行ってまいりました。当サービスは、ユーザーの約7割が検索サイト経路で訪れ、「胃のむかつき」「めまい」などの特定の症状をもったユーザーに利用されるケースが多くあります。そうした何かしらの問題を抱えたユーザー向けのソリューションサービスとして、「Q&Aサービス」に始まり、医師以外の医療・健康に携わる専門家による情報提供、病気・症状事典、コラムや体験談の掲載、病院検索機能の追加など次々とサービスの拡充を行っております。そのソリューションの1つとして、このたび一般医薬品情報を提供するにいたりました。
 国内では、高齢化の進行と人口減少に伴ない、医療保険制度や介護保険制度の崩壊が危惧されています。増え続ける社会保障費を削減すべく健康増進計画が促進されるなど、病気の予防や健康づくりのための「セルフメディケーション」がますます重要視されています。生活習慣病や慢性疾患の予防・未病改善が中心となるセルフメディケーションですが、「Doctors Me(ドクターズミー)」においては、医師や薬剤師、栄養士などの専門家とユーザーとのコミュニケーションの場の提供を通じて、ユーザーの健康相談、食生活の改善、薬情報の提供による病状改善のサポートを行うなど、国民の健康の維持・増進への貢献をしていきたいと考えております。

3.ドクターズミーとは
医療・健康領域の専門家が監修するヘルスケアメディア。医師・歯科医師・栄養士・カウンセラー・薬剤師・獣医師に直接相談できるオンライン健康相談サービスを軸に、医師をはじめとした医療専門家によるコラムやニュース記事、病気・症状まとめ、体験談、診断コンテンツなど提供しております。

医師・歯科医師・栄養士・薬剤師・獣医師に相談し放題:月額300円(税抜)
特定の医師およびその他専門家への指名相談:1回500円(税抜)

▼薬剤師への相談イメージ

med_qa.jpg