INFORMATIONプレスリリース

ドクターズミー累計相談件数25,000件突破~冬に向けて「インフルエンザ」「ノロウィルス」といった相談が急増~

 株式会社サイバー・バズ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:高村彰典)は、インターネットを通じて健康・医療相談ができる「Doctors Me(ドクターズミー)」において、サービス利用者からの医療専門家への累計相談件数が25,000件を突破したことをお知らせいたします。

sp_03.jpg

 「Doctors Me(ドクターズミー)」は、医師・歯科医師・薬剤師・管理栄養士・獣医師・心理カウンセラーといった6種の医療専門家に、インターネット上で医療・ヘルスケアに関する相談ができるサービスです。昨今、インターネット上に健康に関する情報やクチコミが増えた一方で、一般消費者は正確な情報・信頼できる情報元を正しく判断することが難しくなってきました。こうした背景を受けて、PC・スマートフォンなどの端末から医療専門家に対して気軽に健康相談ができる「Doctors Me(ドクターズミー)」を2013年8月にスタートさせ、その累計相談件数は25,000件を突破いたしました。サービス利用者の約7割は女性で、スマートフォンからの利用者を中心に育児や女性特有の悩みが多く寄せられています。
 毎年11、12月頃から流行がはじまる「インフルエンザ」に関する相談内容は、2015年9月頃から増加していることがわかりました。9月の相談件数を基準に10月は5倍、11月末では6倍の想定数字になっております。また昨年度の傾向から「ノロウィルス」や「忘年会における二日酔い対策」といった季節ならではの情報需要も今後増えることが想定されることから、病気・症状毎の体験談もコンテンツとして提供を強化しております。「Doctors Me(ドクターズミー)」では今後とも、医療・ヘルスケア領域において医療専門家による信頼性が高いコンテンツを提供し、様々な人の心身の健康を総合的にサポートできるサービスとなるよう努めてまいります。