INFORMATIONニュース

ネイティブ広告における一部ノンクレジット広告事例に関するお詫び

当社は、広告代理販売を行うネイティブ広告に関して社内調査を実施したところ、一部クレジット表記が無い広告を代理販売していたことが2015年5月12日時点において判明いたしました。本件をご報告するとともに深くお詫び申し上げます。
当社は一般社団法人インターネット広告推進協議会(以下JIAA)の会員企業である株式会社サイバーエージェントの子会社として、ネイティブ広告を閲覧するユーザー保護とネイティブ広告自体の信頼性確保のため、ネイティブ広告においてクレジット表記を遵守すべき立場であるにもかかわらず、掲載済ネイティブ広告の一部事例においてクレジット表記を行っていない広告を取り扱っていたことが社内調査で判明いたしました。現時点で判別できたのは、以下になります。
・他社メディア取り扱い商品4件
このような問題が発生した原因としては、当社営業担当の認識不足およびメディア管理部門のチェック不足、またガイドライン遵守を社内に徹底できていなかった当社経営陣の責任であると考え、再発防止に努めてまいります。
今後はユーザー保護とネイティブ広告の信頼性確保のために、ネイティブ広告におけるクレジット表記を徹底し、ネイティブ広告についての継続的な社内研修の実施、新規取扱ネイティブ広告に対するチェック強化をすることで、JIAAによる「ネイティブ広告に関するガイドライン」を遵守してまいります。
■ネイティブ広告とは
「デザイン、内容、フォーマットが、媒体社が編集する記事・コンテンツの形式や提供するサービスの機能と同様でそれらと一体化しており、ユーザーの情報利用体験を妨げない広告を指す」(引用元: JIAA)ものであります。その広告形式からユーザーが広告を受け入れやすい一方、ユーザーが広告ということに気がつきにくいという点が課題とされており、2015年3月18日にはJIAA より、ネイティブ広告について広告ということがわかるようクレジット表記を推奨する「ネイティブ広告に関するガイドライン」が発表されております。
≪本件に関するお問い合わせ先≫
株式会社サイバー・バズ E-mail: kouhou@cyberbuzz.co.jp