INFORMATIONプレスリリース

「Doctors Me」、顔見知りの親同士がつながり、頼り合うオンラインサービス 「子育てシェア」の利用者に 医療(ヘルスケア)相談サービスを無料で提供開始 ~子育てママを医師がサポート、PC・スマホからわが子の健康相談が可能に~


株式会社サイバー・バズ※(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:高村彰典、以下「当社」)と、株式会社AsMama(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:甲田恵子、以下、「AsMama」)は、業務提携を行い、AsMamaが運営する顔見知りの親同士が頼り合うオンラインサービス「子育てシェア」の会員に向けて、当社が運営する医療専門家に匿名で質問することができる相談サービス「Doctors Me(ドクターズミー)」を2015年2月23日(月)より、無料で提供いたします。
■概要
今回の取り組みにより、「子育てシェア」の会員は、同会員向けページを通じて「Doctors Me」への登録を行うことで、医師、歯科医、薬剤師、介護福祉士、栄養士、獣医、心理カウンセラーの7つの医療専門家に対し、無料、かつ回数無制限で相談を行うことが可能になります。朝9時から深夜0時の間であれば、PCおよびスマートフォンを通じて、どこからでも医師や栄養士などの医療専門家に、わが子の健康状態や離乳食に関する栄養面について気軽に相談をすることができます。また、特定の心理カウンセラーにママが抱える育児の悩みや不安を相談することも可能です。
■提携背景
日本国内でも、出産後に育児休業を取り、時短勤務などで仕事へ復帰をする女性が増えている一方、多くの子育て世帯が頭を悩ませているのが仕事と育児の両立です。「残業で幼稚園のお迎えに遅れそう」「パートに行く間、子どもを預かってもらえたら」、そんな「誰かにちょっと助けてもらいたい」という場面に日々直面する子育て中の親同士が支援し合える仕組みを提供するAsMamaと、会員の約8割が女性で妊活・子育てに関する相談が多い「Doctors Me」は、子育てをするママへの新しいサポート体制を提供することで合意いたしました。今後も当社とAsMamaでは、インターネットを通じて、育児に励むママや、出産後に仕事と育児を両立させる女性が安心して子育てを行うことができる環境づくりを推進してまいります。
■「AsMama」とは:http://asmama.jp/
顔の見えるリアルな地域交流の場づくりと、子どもの送迎や託児を信頼できる顔見知り同士が、1時間単位の料金で頼り合えるオンラインの仕組み「子育てシェア」を運営しています。
■「子育てシェア」とは:https://kosodate-share.asmama.jp/
・子どもが同じ園(保育園・幼稚園・小学校)の親同士や、従来から子育てを通じた知り合い同士がつながり、送迎や託児を 1 時間 500 円から頼り合える会員登録のオンラインサービス。支援者不在の場合は託児研修を受けた「ママサポーター」※※という地域のお世話役に依頼をすることが可能。
・依頼者は支援者に謝金(500円~700円/時)を現金かカード決済で支払うことができる(手数料無料)。
・損害賠償保険が全支援者に最高 50,000,000円まで適用。
<「子育てシェア」の登録方法>
shareFlow_OL-thumb-600x287-155.png
※ 株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)の連結子会社で、ヘルスケア事業、ソーシャルメディアマーケティング事業を展開。
※※ AsMamaオリジナルの託児研修を受けた地域子育てのお世話役係。
<サイトイメージ>
thumb300x606151.jpg