INFORMATIONプレスリリース

オンラインヘルスケア相談サービス「Doctors Me」、サイトを全面リニューアル 医療・ヘルスケア分野におけるニュース配信を開始

株式会社サイバー・バズ(本社:東京杜渋谷区、代表取締役社長:高村彰典、以下「当社」)が運営するオンラインヘルスケア相談サービス「Doctors Me(ドクターズミー)」(https://doctors-me.com/)では、医療・ヘルスケアに関するニュース「Doctors Me ニュース」の配信を201522日より開始し、本サイトを全面リニューアルいたします。

PCサイト-thumb-600x705-149.jpg

1.ニュース提供の背景

Doctors Me(ドクターズミー)」は、「安心をもっと身近に」をコンセプトに、20138月からオンラインヘルスケア相談サービスを提供しており、利用者はPC・スマートフォン等の端末を通じて医師などの医療専門家に、医療・ヘルスケアに関する悩みを月額300円(税抜き)で相談することができます。サービス開始以来、利用者の相談傾向として疾患の前兆や症状が現れてから医師に相談するケースが多く見受けられました。これに対して当社は、Doctors Me(ドクターズミー)」を「インフルエンザの予防注射は効果あるの?」「花粉症って完全に治るの?」といった気軽な悩み相談ができる場、生活習慣病の予防や健康維持・増進への活用の場としても、日常的に利用してもらいたいと考え、利用者の健康意識の向上、医療・ヘルスケアを身近に感じるきっかけに繋がるコンテンツを提供するべく、201311月から提供している「医師執筆コラム」を、医療・ヘルスケアに関するニュース「Doctors Me ニュース」として新たに提供するに至りました。従来の病気の疾患・予防に関するコラムに加え、医療・ヘルスケアに関するニュースや話題の出来事に対して医療の観点から医療専門家が分かり易く解説するコラムなどの提供も開始します。利用者が医療・ヘルスケアを身近に感じることができるコンテンツとして「Doctors Me ニュース」新たにスタートさせると共に、利用者の健康維持・管理への意識向上に努めて参ります。

2.新「Doctors Me ニュース」について

20152月より「月150本」のニュース記事を配信

病気の疾患・予防に関する医師執筆コラムに加え、新たに「日々のちょっとした疑問」や「世の中の話題のニュース」に医療専門家が医療の観点から分かりやすく解説するコンテンツも提供いたします。20152月より「トレンド」「健康・予防」、「女性向け」、「妊娠・子育て」「男性向け」「シニア向け」「ペット」といったカテゴリごとに、毎月150本程度の記事を配信します。

7種の医療専門家がコラムニストとして実名で顔出し

医師に加え、歯科医、薬剤師、介護福祉士、栄養士、獣医、心理カウンセラーの7つの医療専門家が記事を執筆します。例えば、「ペット」カテゴリでは、ペットの食事やしつけに関する基本的な内容から、年々需要が増加している「犬の介護施設、"老犬ホーム"とは?」といった話題の出来事まで、獣医師がコラムニストとして記事を執筆します。また、記事元の信頼性、利用者の安心感向上のため、一部実名性を導入し、記事内には記事執筆者の顔写真またはアイコンと本名が掲載されます。